梅雨の肌はデリケート!季節に合わせたスキンケアを取り入れよう

だんだん気温が高くなるにつれて、肌コンディションの変化を感じはじめる人は多いものです。特に、梅雨の肌はとてもデリケートな状態。高温多湿な環境では汗や皮脂による肌あれが起こりやすく、長時間冷房を使用すると乾燥も気になります。また、急な晴れ間にはうっかり日焼けしてしまうことも少なくありません。梅雨の肌を守るために、季節に合わせたスキンケアを考えてみましょう。

梅雨の肌はトラブル続き!?

雨が続いて蒸し暑い梅雨はそれだけで気がめいりそうですが、肌にとってもかなり過酷な環境です。梅雨入りの時期には急に気温と湿度が高くなり、ドッと増える汗や皮脂に悩まされがち。汗をかいた状態で放置すると毛穴は詰まりやすくなり、肌トラブルを招きます。

また、冷房を使用していると水分が奪われ、肌が乾燥することも少なくありません。乾燥は肌のバリア機能を低下させるため、肌コンディションが不安定になる原因となってしまいます。

さらに、梅雨は、紫外線対策がおろそかになりやすい季節です。雨が降っているからと油断して外出すると、急な晴れ間に思わぬダメージを受けることも。このほか、梅雨冷えによって血行が悪くなると、肌のくすみを招くこともあります。梅雨どきには肌トラブルが起こりやすい条件がそろっているのです。

日焼け止めによる乾燥にも要注意

春先から夏にかけて増え続ける紫外線量。うっかり日焼けを防ぐために、紫外線対策は梅雨どきも続けたいところです。定番の対策は日焼け止めの使用ですが、不安定な肌に使用するとトラブルを招くことがあるため注意が必要です。

日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤には刺激が強いものが多く、肌の乾燥を招くことがあります。さらに、日焼け止めを落とそうとして、洗浄力の強いクレンジング剤を使ったりゴシゴシこすったりすると、乾燥がさらに悪化してしまいます。日焼け止めは、肌への刺激を抑えたものや保湿成分が配合されたもの、洗顔時に落としやすいものを選ぶといいですね。

梅雨仕様の洗顔と保湿ケアを

肌トラブルが起こりやすい梅雨どきには、季節に合わせたスキンケアの方法を選ぶことが大切です。まずは、洗顔方法の見直しから始めましょう。梅雨には、汗や皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まりやすくなります。分泌された汗や皮脂をそのままにしておくと、黒ずみやニキビの原因になることも。肌コンディションをみながら必要に応じてピーリングを取り入れ、いつも清潔な状態を保ちましょう。毎日使うクレンジング剤は、肌への刺激を抑えたものが理想です。

そして、十分な保湿ケアも忘れてはいけないポイントのひとつ。肌がベタつくからと、基礎化粧品を急にさっぱりしたものに変えたり軽めのケアで済ませたりすると、乾燥を招いてしまいます。汗や皮脂で表面は潤っているようにみえても、意外に肌の内側は乾燥しているものです。そんなときは、いつものケアにプラスして、保湿力に優れた成分を配合した美容液を取り入れてみましょう。プラセンタなら保湿力を高めながら透明感のある肌へと導いてくれるので、くすみがちな梅雨の肌にぴったりです。

季節に合ったスキンケアでトラブル予防

肌コンディションは、気候の変化に左右されやすいもの。高温多湿で肌がベタつきやすい梅雨どきにはあっさりしたスキンケア法を選びがちですが、内側がカラカラに乾いている可能性があります。季節に合わせてスキンケアアイテムを使い分けたり、必要な成分をプラスしたりすることで、その時期に起こりやすい肌トラブルを予防したいですね。

関連記事