洗浄力?低刺激?肌がよろこぶクレンジングの選び方

メイクを落とすために欠かせないクレンジング。いろんな種類がありますが、選び方によっては肌に負担を与えてしまう可能性も。乾燥や毛穴の詰まりなど、思わぬ肌トラブルにつながらないよう、自分の肌質に合ったクレンジングを選びましょう。

洗浄力は高いほうがいいの?

肌の汚れを落とすことは、もちろん大切。けれど、クレンジングの洗浄力は高ければ高いほどいいというわけではありません。メイクを落とすために配合される界面活性剤は洗浄力の決め手となる一方、量や使い方によっては肌に必要な皮脂膜まで落としてしまうことも。

特に肌がデリケートな人は、界面活性剤を多く含むオイルタイプはなるべく控え、クリームやミルク、ジェルタイプのクレンジングを選ぶといいですね。なかでも、油分を多く含むクリームタイプは汚れが落ちやすいうえ、界面活性剤の配合量が少なめなので、刺激をおさえたい人におすすめです。

そのほか、不織布(ふしょくふ)に洗浄成分を染み込ませたクレンジングシートは、使い方に注意が必要。疲れているときでも手軽に落とせて便利なアイテムですが、摩擦によって肌にダメージを与えやすいのが気になるところです。使うときは、シートの成分をメイクに十分なじませてから、こすらないようにサッとふき取りましょう。

3_2B.jpg

低刺激なクレンジングの落とし穴

界面活性剤が少ない低刺激タイプのクレンジングは、肌への負担をおさえられるぶん、洗浄力に物足りなさを感じることも。特に、ハードなメイクをしたときは落としきれない可能性があり、残った汚れが肌あれなどのトラブルを引き起こしかねません。その日のメイクの濃さに合わせて、クレンジングを選ぶことも大切です。

アイメイクやリップメイクだけが濃い場合は、ポイントメイクリムーバーが大活躍。部分的に使えるので、肌全体のうるおいを守りながら、目元や口元のメイクをしっかりと落とすことができておすすめです。

蒸しタオルの力で毛穴スッキリ

毎日きちんと洗っているつもりでも、落としきれない汚れが少しずつ毛穴にたまってしまうことがあります。そんなときは、蒸しタオルの力を借りてたまった汚れを洗い落としましょう。

蒸しタオルで肌が温まると毛穴がゆるみ、汚れが落ちやすくなります。栄養も取り込みやすくなっているので、毛穴が開いているうちに美容成分を与えるといいですね。

3_2C.jpg

クレンジングの洗浄力だけに頼らず、ポイントメイクリムーバーや蒸しタオルなどを活用すれば、肌の負担をおさえながら汚れを上手に落とすことができます。その日のメイクに合わせてクレンジング方法を選び、肌がよろこぶスキンケアを目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事