寝起き、寝る前の新習慣!寝たままできる簡単&お手軽ストレッチ

身体を動かしたほうがよいことはわかっていても、ついつい面倒に感じてしまうことはありませんか? 家事や仕事に忙しく、運動をするよりも寝ていたい……そんな人に向けて、ベッドや布団のなかで寝たままできる、簡単なストレッチをご紹介します!

手のひらを返すだけでOK!胸と背中を伸ばすストレッチ

1-1B_14997092.jpg
家事やデスクワークをしているときは、前傾姿勢になることが多く、猫背になってしまいがちです。普段、動かすことが少ない胸と背中を伸ばすストレッチを習慣づけることで、心地よく身体が伸びる感覚を味わえます。

朝起きたときに取り入れれば、心も身体もスッキリ目覚められますよ。

1. 寝転んだままの状態で、手のひらが内側になるように両手を胸のあたりで組む。

2. 息を吐きながら、両手を組んだままゆっくり上に伸ばす。

3. 頭の上まで伸ばしてそのままキープ。2~3回、呼吸する。

4. ゆっくりと息を吐きながら、両手を元の位置に戻す。

5. 組んだ両手をそのままクルッと外に向け、手の甲が内側になるようにする。

6. 1~4と同様の動きをおこなう。

手のひらを上に向ければ胸を開くストレッチに、手のひらが下に向いていれば背中を伸ばすストレッチになります。寝起きの身体を伸ばすように、心地よいと感じる範囲でやってみましょう。

手足ブラブラ体操でむくみを予防!

冷えや疲れによってむくみやすい足も、寝る前のストレッチでケアしましょう。おすすめは、手足をブラブラする体操です。

1. 寝転んだ状態のまま、天井に向けて両手両足を上げる。

2. 心地よいと感じる程度で、両手両足をブラブラ動かす。

3. 5~10秒ほどおこなったら、ゆっくりと両手両足を下ろす。

骨盤ストレッチで腰まわりをスッキリ!

1-1D_29144198.jpg
冷えや血行の悪さから、腰痛が起こってしまったり、脂肪がつきやすくなったりすることがあります。そんなときは、腰まわりを動かしてみましょう。体幹を刺激する体操にもなりますよ。

1. 寝転んだ状態で膝を立て、息を吐きながらゆっくりと膝を左右に1回ずつ倒す。

2. 再び膝を立て、足を肩幅程度に開く。

3. 息を吐きながら、少しお尻を浮かせてそのままキープ。2~3回、呼吸を繰り返す。

4. ゆっくりとお尻を元に戻し、膝を伸ばした後でもう一度深呼吸する。

健康づくりやダイエットのためにも、できることなら運動を習慣づけたいところ。心地よく身体を伸ばすストレッチを取り入れながら、無理なく続けていきたいですね。

関連記事