栄養たっぷり&おいしいスムージー!海外で人気のオススメレシピ4選

野菜やフルーツを手軽にたっぷりとれるスムージーは、海外でも人気の健康食のひとつ。気温が上がってくるこれからの季節は、ますますおいしく感じられるのではないでしょうか。

そこで今回は、数あるレシピのなかから海外で人気のものを4つご紹介します!

抗酸化パワーで、身体のなかから紫外線対策

4-5_38141921.jpg 紫外線が気になる季節は、身体の内側からのケアも取り入れたいところ。そんなときにオススメなのが、次の2つのレシピです。

トリプル・ベリー

ベリー系のスムージーは、冷凍ベリーを使うととっても簡単に作れます。氷を入れずに冷たいドリンクが楽しめるのもメリットです。

<材料>
・イチゴ、ブルーベリー、ラズベリー(冷凍したもの)……各1/2カップ
・ヨーグルト……1/2カップ
・牛乳……1/2カップ
・バナナ……1/2本
・ハチミツ……大さじ2

グリーン・ゴッデス(緑の女神)

アボカドを使ったグリーン・ゴッデスは、タンパク質(ヨーグルト)も入って栄養たっぷり。ミントの葉をお好みで入れると、さらにさっぱりします。

ただし、オレンジなどの柑橘類やキウイフルーツにはソラレンという日焼けにつながる物質が多く含まれるため、朝ではなく夕方や夜に取り入れましょう。

<材料>
・ほうれん草、キュウリ……各1カップ
・アボカド……1/2個
・キウイフルーツ……1個
・フローズンヨーグルト(ヨーグルトを凍らせたものでOK)……1/2カップ
・オレンジジュース……1/2カップ

ひんやりスムージーでおいしく水分補給

4-5_33697732.jpg ビタミンがたっぷりで、むくみが気になるときにもオススメのスイカは、水分が多くてスムージー向きの食材です。海外でも注目を浴びているココナッツウォーターと組み合わせて、おいしく水分補給しましょう。

ウォーターメロン・フロスティー

<材料>
・冷凍スイカ(自分で凍らせてもOK)……3カップ
・ココナッツウォーター……約1/2カップ
・ハチミツまたはメープルシロップ……大さじ1~2
・ライムの絞り汁……1個分
・バナナ……1本

隠し味にチリペッパーやカイエンペッパーを少し入れると、ピリッとひと味違うスムージーを楽しめます。焼酎やウォッカを足して、カクテルとして飲んでもおいしいですよ。

 

おなじみの食材でプロテインをチャージ

日本人にとってなじみの深い「豆腐」は、良質なタンパク質をたっぷり含んでいるということで、海外のスムージー愛好者に大人気の食材です。

トロピカル・クーラー

<材料>
・豆腐……100g
・バナナ……1本
・カットパイナップル……1カップ
・オレンジ……1個
・氷……1カップ

パイナップルやバナナなどのトロピカルなフルーツと合わせることで、おなじみの食材が一気におしゃれなドリンクに変身! これなら、食欲が落ちているときでも楽しめそうですね。

手軽に栄養&水分補給できるスムージーは、バリエーションが豊富で飽きずに続けられるのもうれしいポイント。その日の気分や体調をみながら上手に食材を取り入れ、目的やお好みに合わせていろんなレシピを試してみてくださいね。

関連記事