ファンデーションで余計に目立つ!?シワをきれいに隠すメイク術

年齢を重ねると、隠したい部分が増えるもの。しかし、気になる部分を上手に隠すためには、テクニックが必要です。なかでも難しいのが、シワ。隠すためにファンデーションを塗ったはずなのに、かえって目立ってしまったということも。今回は、そんなシワをきれいに隠すためのメイク術をご紹介します。

厚塗り厳禁!シワが目立つ原因は「塗りすぎ」かも

シワを隠そうと、ついファンデーションを重ねすぎていませんか? 塗りすぎると乾燥してしまい、シワがより目立つ原因に。まずは潤いを与えるために、ベースメイクの前にしっかりと保湿しましょう。

下地やコンシーラーの塗りすぎにも要注意

ファンデーション以外では、下地やコンシーラーの厚塗りが原因になることも。目元や口元は皮膚の動きが激しいため、メイクがヨレやすい部分です。塗る量が多かったり、固めのコンシーラーを使ったりすると、ヨレてシワが目立つことがあるので注意しましょう。コンシーラーを塗る際は、指でポンポンとなじませて、スポンジで押さえます。これで肌にしっかりと密着するため、ヨレにくくなります。

乾燥につながるパウダー類は極薄で

パウダーファンデーションやフェイスパウダーを塗るときは、特に注意しましょう。パフにパウダーを取ったら余分な粉を落とし、しっかりとパフにもみ込んでパウダーを均一になじませます。軽く滑らせるようにして、薄く塗ることが大切。仕上げに何もついていないブラシで粉をはらうと、化粧崩れを起こしにくくなります。

素肌のツヤを生かすのが正解!ハイライトでアクセントをつけて

目元のシワを防ぐためには、いっそファンデーションを塗らないのもひとつの手。シワに落ち込んで、より目立ってしまうのを防げます。また、明るくツヤのあるおでこや頰も塗らずに、きれいな素肌を生かすのもおすすめです。血行がよく見えるうえ、Tゾーンが崩れる心配も減らせます。

ハイライトの光マジックでシワが気になりにくくなる

シワを目立ちにくくするためには、光の作用を利用したいところ。目元に明るめのハイライトをのせることで、ツヤのある肌に見せながら、立体感も演出できます。パール入りのものをチョイスすれば、光を拡散してより輝きを与えることも。ラメ入りのものを選ぶときは、できるだけ粒子の細かいものにして、自然な輝きを意識しましょう。

華やかなポイントメイクで目線をそらす

“シワを隠す”という考えから“シワから目線をそらす”という発想に転じるのもおすすめです。アイメイクやリップメイクを華やかにすることで、目線をシワからそらします。華やかにするといっても、濃いアイシャドウは逆効果。品のあるカラーを選び、アイラインやマスカラで目元の存在感をアピールするとよいでしょう。口元は明るいカラーで、いきいきとしたメイクを心がけて。

シワが気になるときのメイク直しテクニック

時間の経過とともにシワが目立ってくることも。こうした場合に備えて、メイク直しのテクニックも覚えておきましょう。まず避けたいのが、ファンデーションの重ねづけ。崩れたメイクの上に重ねると、さらに崩れやすくなってしまいます。ヨレた場合は、いったん除去するのがポイントです。

ティッシュと綿棒の使い方がコツ

まずは顔全体を軽くティッシュで押さえ、浮き出た汗や皮脂を取り除きます。ヨレがない部分は、パウダーを重ねるだけできれいな仕上がりに。ヨレて崩れがひどい目元は、乳液をつけた綿棒でファンデーションをそっと除去してください。ゴシゴシこすると下地まで取れてしまうため、あくまでもやさしく。コンシーラーを薄く塗り、軽くパウダーをのせれば完成です。

夜でもきれいな目元をキープしよう

朝のメイクでしっかり対策しておけば、崩れにくくなり、シワの目立ちを防ぐことができるでしょう。夕方には崩れがちですが、メイク直しのコツをマスターしておくことで、夜まできれいな目元をキープできます。ぜひ試してみてくださいね。

参考:

関連記事