顔のくすみを引き起こす「甘いワナ」とは?

透明感のある明るい肌を維持することは、多くの女性たちの切実な願い。顔にくすみがあると、疲れた印象になり、年齢を感じさせますよね。くすみの原因はさまざまですが、実は「甘い物」が影響することもあるのだとか! 甘い物とくすみの気になる関係をお伝えしましょう。

甘い物が顔のくすみの原因に?

肌に出るシミやくすみの原因として、紫外線による影響がよく知られています。紫外線の刺激によりメラニンが発生し、色素が沈着してしまうというもの。そのほか、顔がくすんでしまう原因は実にさまざまで、乾燥によるカサつきもそのひとつです。

しかし、白い肌をキープしたい人の日焼け対策や保湿は、スキンケアの基本。しっかりケアしているはずなのに、くすみがなかなか抜けない人もいるでしょう。それには、もしかするといつもの食事が影響しているのかもしれません。特に、普段から甘い物をよく食べる人や、ご飯やパンが大好きな人は要注意。甘い物を食べると、体内で「糖化」を起こし、くすみだけでなくシワやたるみの原因になるといわれています。

お肌だけじゃない!ちょっと怖い糖化の影響

スキンケアでよく耳にする「抗酸化」とは、サビついた肌をケアするというもの。「酸化」がサビなら、「糖化」はなんとコゲの状態にあるのだとか!

糖化は、取りすぎて処理できなくなった糖分が、体内でタンパク質と結合して起こります。例えば、クッキーがこんがりキツネ色に色づくのも、糖化と同じ作用。生地に含まれる砂糖が、卵や牛乳に含まれるタンパク質と結合することで、きれいに焼けるというわけです。

お菓子ならそれでもいいのですが、人の体内で起こってしまうと困ったことに。例えば、肌への影響がそのひとつ。糖分が肌を支えるコラーゲンと結びつき、くすみを招いてしまうのです。

糖が結合するのは、コラーゲンだけではありません。体を形成する部分は、ほとんどがタンパク質でできており、血管や骨、内臓、筋肉なども糖化してしまう可能性があります。血管や骨が糖化してしまうと、弾力を失ってもろくなるともいわれます。

肌に負担をかけないスイーツとの付き合い方

お肌によくないとわかっていても、おいしいお菓子が目の前にあればついつい手が出てしまうもの。スイーツ以外にも、普段の食生活のなかで、気付かないうちに意外と砂糖を取っているものです。コーヒーや紅茶に入れたり、砂糖を使って料理したりすることもあるでしょう。なにげなく取りすぎることで、糖化が始まってしまいます。

糖化を防ぐためには、できるだけ摂取する糖の量を減らすことが大切です。そこで、まずは自分がどれくらいの糖を摂取しているのか、一度チェックしてみましょう。定番の白砂糖だけでなく、黒砂糖やハチミツといった甘味料も、基本はどれも同じメカニズムで糖化を引き起こします。糖度の高い果物も同じです。一度に取りすぎないように、組み合わせにも注意しましょう。

また、糖化は、急激に血糖値が上がるときに起こりやすいのだとか。空腹時に糖分の多いものを摂取すると、血糖値の急上昇を招きやすいので避けたほうがよさそうです。フルコースでの会食のように、デザートは食後に食べるよう習慣づけるのもおすすめ。

いずれにせよ、美容と健康のために、甘い物は食べすぎないようにしたいですね。

お肌の健康を意識した食生活を

たまのスイーツは、人生を彩る楽しみのひとつ。甘い物を食べることでストレス解消にはなるけれど、肥満や顔のくすみに関係するのも事実です。理想の肌は一日で成らず……日々の積み重ねで、肌は育ちます。お肌の健康も意識しながら、甘い物と上手に付き合ってくださいね。

関連記事