オンラインイベント
公開日:2021.02.19
フェイスブック ツイッター ライン
 

老け顔、疲れた顔にさようなら!自分でできるお手軽リフトアップ法

筋肉がたるみ、シワがある顔は、見た目年齢を上げて疲れた印象を与えてしまいます。

今回の記事では、老け顔や疲れた顔になってしまう原因を探りながら、その対処法として取り入れたい、簡単なリフトアップ法をご紹介します。

たるみやシワの原因は何?

シワやたるみの原因を知ることで、自然と対処法も見えてくるものです。ここではさまざまな要因のなかから、主なものをみていきましょう。

加齢

1番の原因として挙げられるのは、やはり加齢です。

赤ちゃんの肌はみずみずしく弾力がありますが、それは水分をたっぷり保つコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの保湿成分量が大人よりも多いため。

残念ながら、加齢によってこれらの成分は減少していき、ヒアルロン酸だと、40代では赤ちゃんの半分程度にまで減ってしまいます。

また、加齢によって顔の表情筋が衰えていくこともたるみやシワの原因に。動かさなければどんどん固くなってしまうので、意識して鍛えることが大切です。

生活習慣

健康な肌づくりに必要な栄養素が欠けると、ハリのある若々しい肌を保てません。

たるみやシワを防ぐなら、肌老化の原因となる活性酸素をいかに抑えるかがポイントです。

特に、ビタミンA、C、Eは抗酸化力に優れた栄養素なので、ぜひ摂取したいところ。歯ごたえのある食材を選ぶことで噛む回数を増やし、たるみにアプローチするのもよい方法です。

また、睡眠不足や姿勢の悪さも原因に。猫背が定着すると顔の下に向かう力がかかり、たるみやシワを助長してしまいます。

乾燥・紫外線

乾燥は肌に必要な水分を奪い、紫外線はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを生み出す線維芽(せんいが)細胞にダメージを与えてしまいます。

季節に合わせた保湿ケアと、1年を通したUV対策を心がけたいですね。

毎日の習慣にしたい!リンパ&頭皮マッサージ

生活習慣の見直しと同時に取り入れたいのが、リフトアップにつながるマッサージです。

リンパ&頭皮マッサージの手順

1. 目の周りのツボを中指の腹で押す。そのとき、力を入れるときも抜くときも、2秒くらいかけてゆっくり行うのがポイント。

2. 鼻と口角のあたりから耳の後ろへと親指の腹で流した後、耳の下からあご、あごから肩へと向けて少し強めにさすりながら流す。

3. 指の腹で鎖骨のくぼみを押す。

4. 生え際やこめかみから頭頂部に向かって、全部の指を使い、徐々に引き上げるように頭皮をマッサージする。(指の腹を使って、クルクルと頭皮を軽く動かすようにほぐすのもおすすめ。)

力の入れすぎはNGです。マッサージをするときは保湿性の高いクリームを使い、なでるようにやさしく行いましょう。睡眠前や入浴後など、リラックスタイムの習慣にするといいですね。

リフトアップにおすすめの美容成分は?

次に、リフトアップにおすすめの美容成分を4つご紹介しましょう。

ビタミンC誘導体

コラーゲンの生成にビタミンCは欠かせませんが、そのままでは壊れやすく十分に作用しないことも。ビタミンCを誘導体化させることで肌になじみやすくなり、抗酸化作用や保湿作用が期待できます。

セラミド

ヒアルロン酸、コラーゲンとともに皮膚に存在する保湿成分です。保湿に欠かせない角質細胞間脂質の約40%を占めており、湿度が下がっても水分を保持し続けます。

レチノール

ビタミンAの一種であり、体内にある成分。線維芽細胞を助けることでコラーゲンの生成に働きかけますが、刺激が強いという側面もあります。

プロテオグリカン

ヒアルロン酸を上回る保水力をもつ保湿成分。水分保持に役立つだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けるといわれています。

プロテオグリカンについて詳しく知りたい方はこちら

加齢に負けない上向き肌を目指そう!

たるみやシワの要因は、ひとつではありません。いろんな角度からアプローチすることで、たるみがちな肌に働きかけることが大切です。

ご紹介したリフトアップ法を取り入れて、年齢に負けない若々しい肌をキープしたいですね。

関連記事
新着記事