オンラインイベント

糖質と睡眠の意外な関係!糖質制限でぐっすり眠れる体に

フェイスブック ツイッター ライン
 

歳を重ねると、「寝ても夜中に目が覚めてしまう」「夜明け前に目が覚めるとそこから眠れない」のような悩みはありませんか?

眠りの質が悪いと翌日のパフォーマンスを下げたり、肌荒れの原因にも繋がりますよね。

今回の記事では、糖質と睡眠の関係、安眠効果アップのポイントを詳しく解説します。

この記事でわかること

糖質と睡眠の意外な関係

糖質制限で睡眠の質をアップ

睡眠の質をアップするためのポイント

糖質制限と睡眠の意外な関係とは?

「糖質制限ダイエット」など、近年注目を集めている「糖質」ですが、実は睡眠にもよい影響を与えてくれることがわかっています。

糖質制限で睡眠に必要な副交感神経を優位に

実は、糖質制限をすると交感神経の興奮を抑制できるようになり、副交感神経が優位になって、睡眠の質がアップすることがわかっています。

睡眠や、睡眠に入る前のリラックスモードになるためには、副交感神経という自律神経が働かなければいけません。

糖質を多く摂りすぎていると交感神経の興奮しやすい状態を作り出してしまうため、なかなか寝付けなかったり、睡眠が浅い、などの原因になります。

また昼間に感じたストレスや緊張により、交感神経が夜まで緊張した状態になっていると、睡眠の質が落ちてしまうので、糖質制限で副交感神経を優位にしてあげるとよいでしょう。

睡眠時無呼吸症候群の予防にもなる

糖質制限は、睡眠時無呼吸症候群による睡眠の質の悪化にも、よい影響をもたらしてくれます。

睡眠時無呼吸症候群を発症すると、睡眠中でも交感神経が活発になったり、低酸素状態になったりするため、必然的に睡眠の質が下がってしまいます。

糖質制限をすると、睡眠時無呼吸症候群の原因となる脂肪を落とせるため、睡眠の質の向上も期待できるようになるのです。

睡眠の質をよりアップするためのポイント

睡眠の質をさらに向上させるには、糖質制限だけでなく、より効果を上げるための行動をとるようにしましょう。

睡眠前に食事をしない

睡眠の質をよりアップさせるためには、少なくとも寝る2時間前には食事を終わらせるようにしましょう。

食後の人間の体は、食べた物を消化するためにエネルギーを使います。そのため寝る前に食事をとると、体が消化モードに入ったままになり、眠っていてもエネルギーを使っている状態が続くため、睡眠の質が下がってしまいます。

空腹で眠れないときはホットミルクを

寝る前の食事を控えたために空腹で眠れないときは、睡眠の質を高める「トリプトファン」を含む、ホットミルクを飲むのがおすすめ。

紅茶や緑茶などのカフェインが含まれた飲み物は交感神経を興奮させる作用があるため、睡眠前には控えるようにしましょう。

睡眠の質を向上させてイキイキとした毎日を

糖質制限には副交感神経を優位にする効果があり、寝付けない、夜中に目を覚ますなどの悩みの改善や、睡眠時無呼吸症候群の防止に効果的です。

質のよい睡眠をとり、心身ともに活発な毎日を過ごせるようになれば、毎日の充実感もこれまで以上に高まるので、ぜひ今日から取り入れてみましょう。

この記事でわかったこと

糖質制限で副交感神経を優位にすると睡眠の質が上がる

睡眠時無呼吸症候群も糖質制限で改善できる

睡眠前は食事をしない&空腹時にはホットミルクを

この記事を動画で見たい方はこちら

最終更新日:2021.01.26

この記事の監修者

西脇 俊二先生

医療法人社団KYG医療会 ハタイクリニック 院長

記事を見る→

関連記事
新着記事