オンラインイベント
公開日:2021.02.21
フェイスブック ツイッター ライン
 

大人に似合うチークの色は?40代をキレイに見せる色の選び方を紹介

最近、お気に入りのチークがなんだか似合わない……そんな人は、相性のいい色が変わっている可能性が。年齢を重ねると肌の状態が変わるように、似合う色も変化します。

いまの肌にマッチする色を選ぶためにも、そのコツを覚えておきたいですね。

そこで今回の記事は、40代をキレイに見せるチークの色の選び方をご紹介します。

大人のチークはくすみカラーを選んでみよう

年齢を重ねるにつれて、肌はくすみやすくなる傾向があります。そのため、20代の頃は似合っていた甘いピンクやビビッドカラー、淡い色味、白みがかったカラーなどは肌から浮いてしまいがちに。

顔色が悪く見えたり、メイクが濃く見えたりと、仕上がりに不満を感じやすくなります。

40代の女性におすすめなのは、くすんだ色味のチークです。単体で見ると地味に感じる色味でも、肌にのせると溶け込むようになじみ、血色よく仕上がります。

肌よりやや明るめの色味でイキイキとした血色感を

くすみカラーのチークを選ぶときに失敗しやすいのが、肌になじみすぎる色を選ぶケースです。

とくに、一見しっくりきそうなベージュやブラウンを使うと、なじみすぎて血色感が出ず、疲れた印象を与えやすくなります。

おすすめは、肌よりやや明るいトーンのカラー。自然な血色感が生まれ、イキイキとしたイメージに仕上がります。

若々しく見せるならピンクをチョイス

チークの色味に悩んだときは、ピンク系のチークを選んでみましょう。ピンクは、くすみがちな肌に血色感と透明感を与えてくれるカラー。

頬骨の少し上からこめかみにかけて斜めに入れると、リフトアップ効果も期待できます。

大人女子向けのピンクチークの選び方

ピンク系のくすみチークなら、どんな色味でも似合うわけではありません。肌になじむ色は、もともとの肌の色によって異なります。色選びのポイントとなるのが、手首の血管の色です。

手首の血管が黄みがかっている人、緑っぽく見える人

  • サーモンピンクやコーラルピンクなどの黄みがかったカラー

手首の血管が青みがかっている人

  • ローズピンク、チェリーピンクなど青みがかったカラー

肌になじむピンクを選ぶことで、より美しく仕上がるでしょう。

美肌効果をねらうならノンパールがおすすめ

チークを選ぶときは、色だけでなく質感も重要です。肌にツヤがほしいからといってパールやラメタイプを選ぶと、毛穴が目立って見える可能性があります。

肌を美しく見せたいのなら、ノンパールのタイプがおすすめです。肌にヴェールをかけたようなソフトマットな雰囲気になり、キレイになじみます。

チークの色ひとつで見た目の印象は大きく変わります。生き生きとした雰囲気をキープするためにも、40代という年齢に合わせた色選びにこだわってみませんか?

関連記事
新着記事