オンラインイベント
公開日:2021.02.21
フェイスブック ツイッター ライン
 

キュッと引き締まったフェイスラインを手に入れる!顔の筋肉をほぐす「笑顔」トレーニングを紹介

女性はいつだって、ハリのある若々しい肌を保ちたいもの。引き締まったフェイスラインは、それだけで魅力を高めてくれます。だからこそ、年齢とともに気になる顔の「たるみ」は見過ごせませんよね。

たるみは、主に筋肉の衰えによって引き起こされます。つまり、たるみを防ぐためには、顔全体をしっかり動かして筋肉を使うことが大切なのです。

今回の記事、誰でも手軽にできる「笑顔」を使った表情筋トレーニングをご紹介します。

顔の筋肉が衰える原因とは

そもそも、なぜ顔の筋肉は衰えるのでしょうか。

表情筋と呼ばれる顔の筋肉は、なんと30種類以上。ただし、多くの人は、そのうち30%程度しか使っていないといわれています。日常で使うのは、咀嚼(そしゃく)によるものが大きく、そのほかは表情に合わせた変化によるもの。

しかし、食事中もあまり噛まなかったり、大きく表情を動かす機会が減ったりすれば、ますます筋力は弱まってしまいます。

まぶたや頰が徐々に下がってたるみが出てくると、顔全体にぼんやりした印象を与え、そのまま放置すると、ほうれい線のような深いシワができてしまうこともあります。

「口輪筋」を動かして顔全体に刺激を

たるみ予防には、顔全体を動かすのが大切なポイント。そこで意識したいのが、口の周りをぐるりと囲む「口輪筋(こうりんきん)」です。

口の周りから放射状に伸びる表情筋は顔全体に広がっているため、口輪筋を動かすだけで、顔のさまざまな筋肉に刺激を与えてくれます。

逆に、普段から口を動かさないでいると、顔の筋肉が衰えやすく、表情も乏しくなってしまいます。

口の動きこそ、たるみ防止のカギ。毎日の生活のなかで意識して動かすことで、顔の筋肉を鍛えましょう。

今日から始める「笑顔トレーニング」

口を動かす運動にぴったりなのが、笑顔をつくること。顔の筋肉がどれくらい衰えているかをチェックするために、まずは笑顔を10秒間キープしてみましょう。

口角が上がりにくい、唇が持ち上がらず前歯が見えないという人は、顔の筋肉が衰えはじめているのかも。早速、笑顔トレーニングを開始してみましょう。

用意するものは鏡だけ。手鏡があればベストですが、スタンドタイプや固定された鏡の場合、鏡に映る自分の顔を、背筋を伸ばした状態で確認できるのが理想的です。

笑顔トレーニングの方法

  • 1. 頰のストレッチ。頰を高く上げ、口は閉じたままで笑顔をつくる。
  • 2. 5~10秒間キープした後、力を抜いてリラックス。
  • 3. 1~2を2~3回繰り返す。
  • 4. 口を軽く開け、前歯が出るように笑顔をつくる。口角だけではなく、頰を高く上げるのもポイント。
  • 5. 5~10秒間キープした後、力を抜いてリラックス。
  • 6. 4~5を2~3回繰り返しながら秒数を増やす。
  • 7. 顔全体を縦や横に伸ばすようにして、顔の筋肉をほぐす。

4の笑顔をつくるときに、口の端からアゴにかけてのマリオネットラインが出ていたらやり直し。アゴに力が入りすぎると、かえってシワの原因になってしまうので注意してください。

前歯が出た状態で常に10秒間キープできるように、目標をもってチャレンジしましょう!

いつも笑顔で輝く日々を

笑顔には、顔の筋肉を刺激するだけでなく、さまざまなメリットがあるようです。口角を上げるだけで、脳の働きが活発になり、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌も促すのだとか。

笑顔トレーニングは1回あたり1分程度の動作なので毎日簡単に取り入れることができます。朝や寝る前の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか?

普段から笑顔で過ごせば、楽しい気分で顔の筋トレもできて、一石二鳥です。笑顔のトレーニングで、ハリのある笑顔美人を目指しましょう。

関連記事
新着記事