オンラインイベント

普通の美容液と何が違う?原液美容液の魅力と上手な選び方

フェイスブック ツイッター ライン
 

さまざまな種類がある美容液。そのなかで、「原液美容液」と呼ばれるものが普通の美容液とどう違うのかご存じですか?

今回の記事では、原液美容液の特徴についてお伝えしながら、美容面でのメリットや肌の悩みに合わせた選び方をご紹介します。

原液美容液と普通の美容液の違いは?

通常、美容液にはいくつかの異なる成分が配合されています。例えば、保湿力がメインの美容液では、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を複数配合したり、化粧下地を兼ねたものや、UVカットをうたったものもみられます。

美容液を選ぶ基準は人によりますが、化粧水や乳液と同じブランドのものを使う、いわゆる「ライン使い」をしている人は多いようです。

これに対して、原液美容液はいたってシンプル。配合成分を1種類に絞ったものが多く、目的に合った成分を基準に商品を選びます。

ただし、同じ成分を使っていても、商品によって内容は異なります。100%原液とされている商品であっても、水で薄められているものもあるのです。

原液のチカラを十分に生かすために、原液美容液を選ぶときには、製造方法や原料、配合成分をしっかりチェックする必要があるでしょう。

原液美容液ならではのメリット

原液美容液ならではのメリットはどこにあるのか、詳しくみていきましょう。

使い勝手のよさ

原液美容液を導入する場合、いままでのスキンケアを変える必要はありません。毎日のお手入れにプラスするのはもちろん、スペシャルケアとして取り入れてもOK。気になる部分にだけ重ねづけするのもいいですね。

肌コンディションに合わせて、使う量や頻度を調整しやすいのは大きなメリットです。化粧水に少量たらして混ぜて使えるものも多くみられます。成分のニオイが気になるときは、このようなものを活用するとよいでしょう。

成分重視で選べる

基本的にひとつの成分をメインにつくられているので、成分を重視して選べます。その美容成分に期待される作用を基準に選んでいつものスキンケアにプラスするだけなので、反応がわかりやすいのもうれしいですね。

成分を保護するパッケージ

ほとんどの原液美容液は、品質の劣化を避けるために色つきの瓶に入れられています。

また、容器中を清潔に保つために、スポイト形式を採用している商品も多いようです。

肌の悩みに合わせて成分を選ぼう

配合成分がシンプルな原液美容液は、選びやすいことが魅力のひとつ。

そこで、代表的な肌の悩みを取り上げながら、その対策におすすめする成分を具体的にご紹介しましょう。

「肌がくすみがち」「肌の透明感がなくなってきた気がする」

年齢肌のくすみが気になる人や、肌の透明感がなくなってきたと感じる人は多いものです。

そんなときは、肌に十分なうるおいを与え、キメを整えてくれる成分を選びましょう。プラセンタ、ビタミンC誘導体、EGFがおすすめです。

「なんだか肌に元気がない」「ハリがなくなってきた」

肌に活力がない、ハリがないと感じられるようになるのは、年齢とともに肌の保水力が低下するためです。

そんな肌コンディションには、保湿力をカバーするプロテオグリカンやセラミド、コラーゲンがおすすめです。

「肌が乾燥する」「肌のゴワつきをなんとかしたい」

柔らかくみずみずしい肌は、若々しい印象を与えてくれるもの。

そんな肌を保つには、乾燥を防いで肌のバリア機能をサポートするプロテオグリカンやセラミド、プラセンタ、ヒアルロン酸がおすすめです。

自分にぴったりな成分を見つけよう!

配合成分がシンプルで、毎日のスキンケアに取り入れやすい原液美容液。そのチカラを最大限に活用するには、品質がよいものを選ぶことが大切です。

まずは、いまの肌コンディションをチェックして、自分の肌に必要な成分を見つけることから始めてみませんか?

関連記事
新着記事