オンラインイベント
公開日:2021.02.22
フェイスブック ツイッター ライン
 

目の下のクマはまず原因をチェック!タイプ別のおすすめケア方法も紹介

目の下がどんよりとしてしまって疲れて見え、老け顔の印象を与えてしまう「クマ」。 もともとクマが出やすかったり、年齢を重ねるごとにクマが目立つようになったりと、クマの現れ方はさまざまです。

クマ対策を行うためには、まずクマができる原因を突き止めなければいけません。そのため、自分のクマがどの種類に分類されるかをまず見分けることが大切です。 そこで今回の記事では、クマの種類の見分け方や種類別のクマ対策を詳しく解説していきます。

目の下にできる主なクマのタイプは3つ

目の下にクマができてしまうと、それだけで顔全体の印象を左右してしまうことも。女性ならコンシーラーなどで隠すこともできますが、まずは原因を知り、クマを予防・ケアすることが大切です。 ここではまず、クマのタイプ別の原因を説明していきます。

血行不良が原因の「青クマ」

子どもから大人まで、年齢関係なく現れやすいのが「青クマ」。 目の周りの皮膚はほかの部分の皮膚よりも薄く、皮膚の下にある毛細血管が見えてしまいやすい場所です。

この毛細血管に流れている血液は、健康な状態であれば鮮やかな赤色をしていますが、睡眠不足や疲れ、ストレス、冷えなどで血行が滞ってしまうと、暗い赤色に変化します。そのため、皮膚に透けて見えやすくなり、青クマを作り出してしまいます。

くすみや色素沈着などが原因の「茶クマ」

「茶クマ」は目を擦ってしまう癖があったり、メイクを落とし切れていなかったりするとできやすくなるクマです。

青クマの原因でも説明しましたが、目の周りの皮膚はほかの部分の皮膚よりも薄く、デリケート。そのため、目を頻繁に擦ることなどで色素沈着を起こしやすくなるのです。 また、ほかの部分の皮膚よりもデリケートな分、紫外線ケアを怠っていると、シミができやすくなる部分でもあります。

通常、人間の皮膚は28日周期で生まれ変わるようにできていますが、加齢やお手入れ不足などで乾燥したり、ダメージを受けやすくなったりすると、色素沈着やシミができてしまうとなかなか元に戻らなくなってしまいます。

たるみなどの影による「黒クマ」

年齢を重ねるにつれてクマが目立ってきた、目の下がくぼんでいる感じがする、という方に当てはまりやすいのが「黒クマ」です。

黒クマは、青クマや茶クマと異なり、目の下の皮膚のたるみやくぼみなどにより、目の下に影ができてクマのように見えてしまうクマを指します。 そのため、コンシーラーなどで隠しづらく、マッサージなどでも改善しづらいのが特徴です。

あなたはどのタイプ?クマの色を見分ける簡単チェック法

クマがあることはわかっていても、自分のクマがどの種類に分類されるのかはっきりとわからない方も多いはず。 見分けがつかない方は、次のクマのタイプを見分ける簡単チェック方法を試してみましょう。

目の下を引っ張っても色が変化しなければ青クマ

目の下の肌をやさしく引っ張ってみて、色が少し薄くなるときは青クマの可能性が考えられます。

肌を動かしても色が変わらなければ茶クマ

茶クマの場合、肌自体に色がついている状態なので肌を引っ張っても色が変わらず、ついてくるのが特徴です。

上を向いてクマが薄くなったら黒クマ

鏡を手に持って上を向き、クマの色が薄くなったら黒くまの可能性があります。 黒クマはたるみやくぼみなどが原因なので、上を向くことで皮膚のたるみが引っ張られ、クマが薄くなるのです。

クマはタイプ別に適したケアを取り入れるのがおすすめ

簡単チェック方法で自分のクマのタイプがわかったら、それぞれの原因に合わせた対策をしていきましょう。

青クマは血行促進&睡眠を十分にとる

青クマは、血行不良が原因になっているため、ホットタオルなどで目元をやさしく温めてあげるのがおすすめです。 また、青クマは睡眠不足や疲れ、ストレスなどが根本的な原因となっているため、しっかり睡眠をとったり、十分な休息をとったりすることが大切です。

ほかにも、全身の血行を促すためにも、ウォーキングやストレッチなど軽い運動の習慣をつけることもよいでしょう。

茶クマは摩擦を抑え、紫外線ケアをしっかりと

茶クマの場合、目元への摩擦などのダメージを抑えることが大切です。 普段からゴシゴシと目を擦る癖のある方や、クレンジングや洗顔などで擦り洗いをしている方はできるだけ肌を擦らないように気をつけましょう。

肌を擦らないようなクレンジング料や洗顔料に変えてみたり、しっかりと泡を作って擦らないように洗顔したりするのもおすすめです。 また、シミを増やさないためにも、日中はしっかりと日焼け対策をすることが大切です。

黒クマはハリを与えるスキンケアや表情筋を鍛えて

黒クマは、加齢による肌のたるみやハリの減少などが原因のひとつ。そのため、肌にハリを与える保湿ケアをしっかりと行いましょう。

また、目元の筋力を鍛える表情筋トレーニングなどを取り入れるのもおすすめです。 黒クマの場合、たるみやくぼみなどが原因となっているため、すぐに改善することは難しいといえます。そのため、継続的にケアをしていくことが大切です。

クマの対策は自分に合ったケアを取り入れて

一概にクマと言っても、その種類は人によってさまざま。クマ対策をしたいと思ったら、まずは自分のクマがどのタイプに当てはまるのかをチェックしてみましょう。見分け方が難しい方は、ぜひ記事内の簡単なチェック方法を試してみてください。

また、どのクマのタイプもすぐに改善するものではありません。日頃の生活習慣を見直したり、クマに合ったお手入れを取り入れたり、日頃からしっかりとケアをするようにしましょう。

この記事の監修者

青木 晃先生

・医療法人社団優恵会 銀座よしえクリニック都立大院 院長
・日本健康医療学会 常任理事
・ワインスクール レコール・デュ・ヴァン 渋谷校校長

記事を見る→

関連記事
新着記事