オンラインイベント
公開日:2021.02.25
フェイスブック ツイッター ライン
 

【管理栄養士直伝】自宅でバスチー!低糖質バスク風チーズケーキの簡単レシピ

糖質制限ダイエット中でも、話題のスイーツは見逃せないですよね。

なめらかな食感がクセになるバスクチーズケーキはコンビニでも気軽に買えますが、残念ながら糖質制限中は食べられません。

今回の記事では、糖質制限中でも食べられる、バスク風チーズケーキの低糖質レシピを紹介します。おしゃれなバスチーがとても簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

この記事でわかること

低糖質バスク風チーズケーキの簡単な作り方

いつもの型でバスチー風にする方法

濃厚ずっしりなバスク風チーズケーキにするコツ

低糖質バスク風チーズケーキの作り方

糖質を抑えるために、小麦粉や砂糖を使いません。「エリスリトール」は、糖質は吸収されないため、糖質制限中でも食べられます。

材料

  • 生クリーム 200ml
  • 卵 2個
  • エリスリトール 60g
  • クリームチーズ 200g
  • バニラエッセンス 少々

作り方

材料を混ぜてオーブンで焼くだけ。誰でも簡単に低糖質バスク風チーズケーキが作れます。

1.材料を混ぜる

クリームチーズ、エリスリトール、生クリームをしっかり混ぜ合わせます。ミキサーや電動泡立て器を使うと楽ですが、手動のホイッパーでもOKです。

ミキサーがない場合は、クリームチーズを常温で柔らかくしておくと混ぜやすくなります。

2.卵とバニラエッセンスを加える

しっかり混ざったら卵2個を割り入れ、バニラエッセンスを少々加えて再び混ぜ合わせます。すべての材料がしっかり混ざったら生地の完成です。

3.生地を型に入れる

クッキングシートをくしゃくしゃに丸め、シワをつけてから型に敷きましょう。クッキングシートにシワをつけることで、バスチーっぽい見た目になります。

出来上がった生地を方に入れ、台に軽く叩きつけて余分な空気を抜きます。

4.オーブンで25分焼く

220度に予熱したオーブンで25分焼きます。表面に焦げ目がつくまでしっかり焼きましょう。

焦げ目が足りないときは、様子を見ながら焼き時間を延ばしてください。

5.冷やす

オーブンから取り出したらしばらく置いておき、粗熱を取ります。冷蔵庫で2時間以上冷やせば、低糖質バスク風チーズケーキの完成です!

低糖質バスク風チーズケーキをおいしくつくるポイント

低糖質バスクチーズケーキはポイントを抑えて、ずっしり濃厚に仕上げます。

砂糖の代わりにエリスリトールを使う

エリスリトールは糖質が吸収されない非糖質系甘味料です。甘いのに血糖値が上がらないので、糖質制限中でも食べられます。

スーパーで市販されているものだと「ラカントS」という甘味料がおすすめ。料理やお菓子作りで砂糖の代わりに使えるので、糖質制限中はぜひ使ってみてください。

クッキングシートを丸めてシワをつける

クッキングシートをくしゃくしゃに丸め、シワをつけてから型に敷くことでバスチーっぽい見た目になります。ふんわりとしたおしゃれな雰囲気に仕上がるので、しっかりシワをつけてから使いましょう。

また、しっかり焼いて焦げ目をつけることもバスチーらしくするポイントです。オーブンの機種によって焼き加減に差があるので、様子を見ながら焼き時間を調整してください。

一晩寝かせるとずっしりとした固さに

初日は柔らかくてふんわりとした食感。一晩寝かせるとバスク風チーズケーキらしく中央が凹み、ずっしりとした固さになります。

初日と2日目で食感の違いを楽しんでみてください。まったり濃厚なチーズケーキが好きな人は、1日寝かせてから食べるのがおすすめです。

糖質制限中でも我慢しない!低糖質バスチーを作ってみて

このレシピで作れば、1人分(1/8カット)の糖質量は1.4gに抑えられます。全量でも11.4gなので、糖質制限中でも楽しめます。

話題のバスク風チーズケーキを簡単に作れて、しかも太りにくいなんて最高ですよね。混ぜて焼くだけでなので、料理が苦手な人もぜひチャレンジしてみてください。

この記事でわかったこと

小麦粉や砂糖なしでバスク風チーズケーキが作れる

作ってから1日おくとずっしりした固さになる

クッキングシートをくしゃくしゃに丸めて型に敷くとバスチーっぽくなる

この記事を動画で見たい方はこちら

この記事の監修者

菊地 めぐみ

管理栄養士

記事を見る→

関連記事
新着記事