オンラインイベント

ガチガチ凝り固まった肩と背中がすっきり!簡単ストレッチを紹介

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

       

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

歳を重ねるにつれていつのまにかガチガチに凝り固まった肩と背中。

マッサージや整体に行ってほぐしてもらうにもお金と時間がかかる…。と悩んでいる方におすすめなのが、自宅でできる簡単ストレッチです。

今回は元オリンピック選手の柳澤哲さんに、肩と背中をラクにする簡単ストレッチを紹介していただきます。

この記事でわかること

ストレッチの効果

肩と背中のストレッチを紹介

ストレッチのポイント

ストレッチって効果あるの?

ストレッチは運動の前にするものと思っている方も多いかもしれません。

しかし、ストレッチは筋肉を伸ばしてくれるため、肩や背中のこわばり
などもほぐすことができるのです。

また、ストレッチを行うことで副交感神経の働きがよくなり、リラックスできて、ぐっすり眠れるようになります。

今回は肩と背中のストレッチをご紹介

今回は、元オリンピック選手でフラコラスタッフの柳澤哲さんに簡単ストレッチ方法を紹介していただきました。

元オリンピック選手・柳澤哲さんに教えていただきます

シドニー五輪代表
元東京大学生涯スポーツ健康科学研究センター技術補佐員

柳澤 哲

まず手を前に伸ばし、伸ばした肘を胸に押し当てて抱える


手を前に伸ばし、そのまま肘を胸に押し当てるようにして、伸ばした腕を抱えます。

このとき、目線は伸ばした腕と反対に、伸ばした手の親指は上に向けるようにしましょう。

このままの姿勢で息を吐きながら、伸ばした腕を胸にぎゅーっと押し当てるようにゆっくりと伸ばしていきます。息はしっかりと吐き切るようにしましょう。

反対側も同じように行います


反対側も先ほどと同じ動きをやっていきましょう。

しっかりと肩が伸びているのを意識するのがポイントです。

片側の動作を10〜20秒程度、2回ほど行う

この動作を左右10〜20秒程度で行い、2回ほど行うのがおすすめです。

ゆっくりとした動きでも、肩と背中をしっかり伸ばすことができるストレッチなので、ぜひ普段の生活に取り入れてみましょう。

凝り固まりがちな肩・背中をほぐして

いつの間にか固くなってしまった肩や背中は、マッサージや整体に行ってもなかなか元には戻りません。

凝り固まった状態をラクにするには、こまめなストレッチで肩や背中をほぐしてあげることが大切です。

ストレッチは自宅でいつでも手軽に行えるので、ぜひ試してみてください。

この記事でわかったこと

ストレッチは筋肉のこわばりをほぐし、副交感神経も優位にしてくれる

片腕を伸ばしてもう片方の腕で抱え、息を吐きながら肘を胸にぎゅーっと押し当てるようにして肩を伸ばす

左右10〜20秒ほどで2回ずつ行う

この記事を動画で見たい方はこちら

最終更新日:2021.02.25

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

柳澤 哲

・シドニー五輪代表
・元東京大学生涯スポーツ健康科学研究センター技術補佐員

記事を見る→

関連記事
新着記事