オンラインイベント

コンビニではコレ!医師がセレクトする糖質制限中のおつまみを紹介

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

「糖質制限中はお酒は飲めても、高カロリーそうな美味しいおつまみはなかなか食べられない…。」と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな方に朗報の医師がセレクトするコンビニおつまみをご紹介します。

この記事でわかること

コンビニで買える糖質制限中でもOKなおつまみ

コンビニ食材でNGなおつまみ

お酒を選ぶときのポイント

コンビニで買える糖質制限でもOKなおつまみリスト

今回は当メディアでも監修をつとめる西脇俊二先生に、糖質制限中でも食べられるコンビニおつまみを紹介していただきました。

西脇先生がセレクトしたコンビニでも買えるおつまみはこちら。

  • とんとろスモーク
  • あたりめ
  • サーモンの切り落とし
  • ダイエットの定番サラダチキン
  • 半熟ゆで卵
  • さんまの水煮
  • サバの水煮
  • やきとんの塩焼き

意外とコンビニおつまみでも、糖質制限中でも食べられる食品が多くあります。

豚トロスモークは意外と糖質低め、ベーコンはNG

コンビニで売られている豚トロスモークは糖質量が0.6g。意外と糖質低めなのでおつまみにぴったりです。

一方、似たようなおつまみでもベーコンは砂糖を使っており、糖質量が多いので糖質制限中は避けるようにしましょう。

サーモンの切り落としはOK、スモークサーモンはNG

糖質制限中は刺身などの魚の切り身は食べることができます。

しかし、スモークサーモンのような加工食品には砂糖が多く含まれているため、注意が必要です。

脂の多い魚だと糖質が多いのではないか?と心配される方もいますが、肉と違って魚の脂肪は「不飽和脂肪酸」なので取り入れても問題ありません。

とくにサーモンはオメガ3系脂肪酸のEPAが含まれており、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を下げたりする効果があるため、積極的に摂取するようにしましょう。

あたりめは糖質制限中にもぴったりのお酒のアテ

あたりめはダイエット中の間食でも人気ですが、糖質制限中でも問題なく食べることができます。

ただし、あたりめを選ぶときはイカと食塩のみを使用しているものを選びましょう。醤油やみりんで味付けされているものは糖質量が増えてしまいます。

意外とNG!鶏や豚の塩焼き

コンビニで手軽に買えてサッと食べられるのでつい手にとってしまう方も多いかもしれませんが、鶏や豚の塩焼きは意外と糖質が多い場合があるので注意が必要です。

なぜなら、コンビニやスーパーで買える鶏や豚の塩焼きなどは、店頭に置いていても乾きにくくするために、表面にコーンスターチをつけている場合があるからです。

コーンスターチはとうもろこしからできていて糖質量も多いため、糖質制限中は避けるようにしましょう。

お酒は糖質0ビールかハイボールを

糖質制限中でも食べられるコンビニおつまみと一緒に飲めるお酒は「糖質0ビール」か「糖質0ハイボール」です。

ただし、「糖質0ハイボール」であっても、レモン果汁などが入っている場合は、厳密には糖質が含まれていないわけではありません。そのため、多量に摂取すると糖質を多く摂ってしまうことになるので気をつけましょう。

低糖質食材を使って簡単一品おつまみ料理も

コンビニなどで買える食材を使って、お酒に合う一品料理を作ることもできます。

サラダチキンは万能食材

糖質制限中の強い味方、サラダチキンは料理の食材としても万能です。手軽にサラダなどを作ることができます。

サバやさんまの水煮を味噌煮にアレンジ

缶詰のサバやさんまの水煮は食塩だけを使用しているので、糖質制限中でも食べることができます。

そのままでも醤油をかけて食べても美味しく食べられますが、味噌を加えて味噌煮にするのもおすすめです。

味噌煮にする場合には糖質の少ない「八丁味噌」を使うようにしましょう。

糖質制限中でもおつまみとお酒を楽しもう!

糖質制限中には、お酒は飲めてもおつまみは食べられないと考えがち。

しかし、低糖質なものを選べば糖質制限中でも問題なく、お酒の時間を楽しむことができます。コンビニでも手軽なおつまみを買えるので、ぜひ試してみましょう。

この記事でわかったこと

豚トロスモークやサーモンの切り落としなどのおつまみもOK

鶏や豚の塩焼きは意外と糖質が多いことがあるので注意

お酒は糖質0ビールか糖質0ハイボールを飲みすぎないように

この記事を動画で見たい方はこちら

最終更新日:2021.02.25

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

西脇 俊二

・医療法人社団KYG医療会 ハタイクリニック 院長

記事を見る→

関連記事
新着記事