オンラインイベント

暑さに負けない!だるい体にスイッチを入れる簡単な改善方法を紹介

フェイスブック ツイッター ライン
 

気温が高くなってくると、朝起きた瞬間から体のだるさを感じる人も多いのでは。

1日中だるさを引きずっていると、仕事や家事などに支障が出てしまいうことも。そんなときは「お目覚めスイッチ」をオンしてあげるのが効果的です。

今回の記事では暑いときのだるさを改善する方法や、だるくてやる気が出ないときのスイッチの入れ方を紹介します。

この記事でわかること

ダルさを感じる夏の朝にやりたい行動

スイッチを入れて夏を乗り切るための食事のコツ

簡単にできる体に気合を入れる方法

朝から暑くてだるい時にスイッチを入れる方法

夏は朝から気温が高いので、起きた瞬間から暑さによってだるさを感じる人もいるのではないでしょうか。

朝、だるい体に「お目覚めスイッチ」を入れるには「コップ一杯の水」を飲みましょう。お茶やコーヒーではなく、常温の水か白湯がおすすめです。

夏は寝ている間にも汗をかくので、寝起きの体は水分を欲しています。起きた直後のだるさや頭痛は水分不足が関係しているケースもあります。

目覚ましとしてだけでなく、水分補給目的としても起きたらコップ一杯の水を飲むことを習慣化させましょう。

食事を工夫して体のスイッチをオン!

暑くなってくると食欲が低下しやすくなりますが、水や冷たい麺類ばかりでは栄養不足になって余計にだるさを感じてしまうことも。

栄養を効率よく摂取するには「タンパク質」を積極的にとるのがおすすめです。

タンパク質はホルモンや自律神経の素材になっているので、暑さに負けない体作りのサポートをしてくれます。

ほかにも温かいスープもおすすめです。「暑いのにわざわざ温かいものを?」と思うかもしれませんが、暑さによって冷たいドリンクやアイスなどを摂取していると、内臓が冷えて疲れてしまいます。

内臓が冷えたままだと動きが鈍ったりして栄養の吸収まで悪くなってしまうので、温かい汁物などを飲むようにしましょう。

とくに味噌汁には夏に失いやすい塩分が適度に入っていて、具材を工夫すればさまざまな栄養素が摂取できるのでおすすめです。

温かい食べ物で、冷房や冷たい食べ物で冷えた体の血流をアップさせましょう。

デスクワーク中はリズム運動で頭のスイッチをオンして

デスクワークをしている途中でだるさを感じたり、頭がぼんやりとしたりして作業に集中できないこともありますよね。

そんなときは「リズム運動」をやってみましょう。

立った状態でその場で軽く数回ジャンプして全身に刺激を与えるだけでOK。座った状態のときは、肘を曲げて肩の後ろ回し、前回しを各10回程度やりましょう。体に刺激を与えると、やる気スイッチがオン。

リズム運動は習慣化させると体にスイッチが入りやすくなるので、

  • 朝の始業前
  • 昼休憩のあと
  • 午後の休憩のあと

など、やるタイミングを決めておくと1日中効率よく作業に取り組めるでしょう。

暑さに負けずシャキッとした1日を送ろう

「暑いからダルくて当たり前」と思うかもしれませんが、簡単な工夫次第でだるさを感じず体にやる気のスイッチをサッと入れられます。

毎日シャッキっとしていたほうが仕事や家事ははかどり、効率よく進められるので、ぜひ体がだるいと感じたときは今回ご紹介した3つのスイッチオン方法を参考にしてみてくださいね。

この記事でわかったこと

寝起きの体は水分不足に陥っているので、水を1杯飲んで「目覚めスイッチ」をオン

タンパク質や冷えた内臓を温める味噌汁などを積極的に食べるのがおすすめ

仕事合間にリズム運動を習慣化させるとやる気スイッチが入りやすくなる

最終更新日:2021.05.19

この記事の監修者

大木 都

・エイジレスプラス編集長
・ヘルスケアコーディネーター
・日本初公式 Fitbit Friend
・上級 睡眠健康指導士
・漢方養生指導士
・健康管理士
・マインドフル・ライフコーチ
・呼吸ヨガインストラクター

記事を見る→

関連記事
新着記事