オンラインイベント
公開日:2021.06.25
フェイスブック ツイッター ライン
 

約500人が、1か月-3.6kg、ウエスト5.4cm減った!食前15分前の「耳ツボ押し」ムダ食いストップ、全身スリムに!

やせたいのに、食欲が止まらない。そんな”食いしん坊さん”におすすめなのが食べる前の「耳ツボ」押し。ムダ食いがなくなり、運動なしでスリムになりますよ。

教えてくれたのは

長谷川 亮先生

鍼灸師。「長谷川亮・鍼灸院」院長。アンチエイジングのための美容鍼や、耳たぶ回しなどを取り入れたダイエット法を得意とする。

つい食べすぎる人は食前の「耳ツボ押し」を

「やせない人の多くは食べすぎが原因。これは食欲を司る、脳の満腹中枢と摂食中枢が壊れているからです」と、鍼灸師の長谷川亮先生。そこで役立つのが「耳ツボ押し」です。

「耳の神経は脳の神経とダイレクトにつながっているので、耳ツボを刺激すると、自律神経を介して脳に届き、食欲の機能を元どおりにできます」
長谷川先生の指導で、約500人が試したところ、1か月でほとんどの人に効果が!

「平均3.6キロ、ウエストは5.4センチ減りました。消化機能も安定してくるので、便秘解消にも効果的ですよ」

耳ツボを押すと…満腹中枢が正常になりムダな食欲がストップ!


脳には、食べるのを命令したり止めたりする満腹中枢と摂食中枢があります。耳の神経は、脳神経の枝の一つで、耳ツボを押すと、刺激がすばやく脳へ。すると満腹中枢と摂食中枢が正常になり、ムダな食欲が抑えられます。

耳ツボ押しの基本

食事15分前に押す

ムダ食いやダラダラ食べを防ぐために、食事の15分前に耳ツボ押しを。食後にもう一度押せば、消化がスムーズになり、便秘の解消にも。

回数は多いほど効果あり

1日に行う回数は、何回でもOK。食前の3回以外に、いつでもどこでも耳ツボをプッシュしましょう。多ければ多いほど効果があります。

まずはここをプッシュ!「耳ツボ押し」のやり方

スリムになりたいなら、まずは基本の耳ツボ「神門」を。不思議と食欲がおさまります。

耳の上部の「Y字」の真ん中「神門」を押す

耳の上のほうに、「Y字」のようなふくらみがあります。その「Y字」が二股に分かれる位置に「神門」というツボがあります。このツボを指で挟んで、5秒間押します。左右の耳を、交互に3回繰り返します。

先生からのアドバイス

押す強さは、心地いい程度を目安に。強く押す必要はありません。ツボの位置がわかりづらいときは、慣れるまで鏡で耳を見て確認しましょう。

+αの「耳ツボ押し」で、もっとやせ効果アップ!

忙しくてイライラ…「ストレス食べ」さんは

耳の輪郭に沿って裏側をもむ
ストレスで食べてしまう人は、活動を司る「交感神経」が優位。耳の後ろ側への刺激は交感神経に伝わるので、耳の輪郭に沿って、裏側を挟んでもみます。左右同時に1分間もみ続けて。

過食気味…「ダラダラ食べ」さんは

耳の穴に指を入れて下に向かって押す
ダラダラと絶え間なく食べてしまう人は、休息を司る「副交感神経」が優位。耳に指を入れ下に向かって押すと、副交感神経が刺激され、過食がおさまります。左右同時に1分間押し続けて。

全身やせたい…「代謝ダウン」さんは

耳の穴の手前のくぼみを下に押す
代謝が落ちてきたなら、耳の手前にあるくぼみを、指先で下に押します。ここはホルモン系や内臓、卵巣のツボ。ホルモンバランスを整え、代謝アップを。左右同時に1分間下に押し続けて。

※この記事はfracora会員向け冊子 fracora+2019年2月号に掲載された内容をもとに作成しています。

この記事の監修者

長谷川 亮先生

・鍼灸師
・長谷川亮・鍼灸院 院長

記事を見る→

人気ランキング
関連記事
新着記事