オンラインイベント

肌は維持していくことが大切!ポジティブにスキンケアに取り組もう

フェイスブック ツイッター ライン
 

「最近シミが増えてきた気がする…」「なんだか顔がくすんでる」など、加齢による肌の変化に肩を落とす人は少なくないはず。

多くの人は自分のマイナスの面につい目が行きがちですが、「全部がダメという人はそうそういない」と10万件の肌写真を解析した経歴のあるコスメコンシェルジュ・楠本文恵さんは言います。

今回は「肌を維持すること」の重要さについて、ご説明していきます。

この記事でわかること

10万件の肌写真を解析したプロが語る実例

肌の状態が下降し続ける人はいない?

肌の状態をキープすることの大切さ

肌分析開始当初の方が点数が悪かった

楠本さんは10万件の肌写真を解析するだけでなく、自分の肌についても肌分析を行い、加齢による変化などをチェックしているそう。

実際に自分の肌を分析してみると、今よりも若かったころの方が点数が悪く、肌分析を始めた当初より、加齢している今現在の方が肌の水準をキープできていると言います。

自分の肌の良いところから派生したケアがおすすめ

歳を重ねるにつれて、シミやしわ、くすみなどマイナス要因ばかりが目につくようになりますが、「全部がダメという人は、万に1人もそうはいない」と楠本さんは言います。

自分の肌の良いところを見つけ、そこから派生したケアを続けていくことで、最終的に美しい健康的な肌を目指せるようになるのです。

肌分析データでも下降し続けている人は少ない

10万件もの肌写真を解析していると、加齢やさまざまな要因によってアップダウンはあるものの、肌の状態が下降し続けている人は少ないそうです。

肌は年に春の時期や夏疲れ、冬の乾燥などにより、肌の疲れが顕著に現れる時期があります。
そこで肌診断で自分の肌をチェックし続けることで、肌にダメージが現れたときでも徐々に元の肌の状態に戻ろうとする力が働くのではないか、と期待しているそう。

肌の状態は常に変化するもの、キープすることが大事

肌診断を取り入れていると、常に肌の状態が刻々と変わっていっている様が分かります。

そのため、肌の状態が悪くなってしまうときもありますが、そこでスキンケアを諦めてしまうのではなく、その状態を元に戻すにはどうすればいいのか?どのようなスキンケアを取り入れるべきなのか?などをしっかり考えられることが大切です。

何もしなければ、加齢によって乾燥やくすみ、シミ・しわなど、さまざまな肌悩みが増えていきます。

自分の肌と向き合い、「肌がダメージを受けているな」と感じたときはお手入れをしっかりしてあげるなど、ダメージに対しての対策を取り入れていると肌の状態をキープできるようになります。

肌診断を続けるメリットについて詳しく知りたい方はこちら

まずは今の自分の肌をキープすることから始めてみて

何もしなければ加齢していく肌も、ダメージに応じたお手入れを都度取り入れてあげることで下降していくのではなく、安定した状態をキープできるようになります。

年齢を重ねれば重ねるほど、やはり劇的な変化を求めてしまう人も少なくはないですが、まずは今の状態をキープすることから意識してみてはいかがでしょうか。

この記事でわかったこと

肌の状態が全部ダメという人はそうそういない

肌分析データから見ても下降し続けている人は少ない

肌の状態は変化し続けているので、今の状態をキープすることから始めてみましょう

最終更新日:2021.06.18

この記事の監修者

楠本 文恵さん

コスメコンシェルジュ

記事を見る→

関連記事
新着記事