オンラインイベント
公開日:2021.07.01
フェイスブック ツイッター ライン
 

レンジで簡単!ダイエット中OKの低糖質チョコドーナツレシピ

あま〜いチョコレートたっぷりのドーナツは、ティータイムにぴったり。でも糖質制限中は、できるだけ甘いお菓子を控えなければいけないので我慢しているという人も多いのでは。

でも、疲れた時やストレスが溜まったときはおいしくて甘いスイーツが食べたくなりますよね。

そこで今回は、糖質制限中でもOK!な電子レンジで簡単に作れる低糖質チョコレートドーナツのレシピを紹介します。

この記事でわかること

低糖質チョコレートドーナツの作り方
低糖質チョコレートコーティングの作り方
低糖質チョコレートドーナツを作るときのコツ

油もオーブンも使わないので、とても簡単に作れるレシピです。電子レンジで加熱するので、耐熱容器やシリコン製の型を用意してください。

材料

【チョコレートドーナツ】

  • 卵 1個
  • おからパウダー 25g
  • アーモンドミルク 100ml
  • エリスリトール 30g
  • ココアパウダー 15g
  • ベーキングパウダー 5g

【チョコレートコーティング】

  • エリスリトール 大さじ2
  • ココナッツオイル 大さじ2
  • ココアパウダー 大さじ2

低糖質チョコレートドーナツ作り方

1.パウダー類を混ぜる

おからパウダー25g、ココアパウダーが15g、エリスリトール30g、ベーキングパウダー5ggをダマがなくなるように混ぜておきます。

2.溶き卵を入れる

卵1個を別容器に割り入れ、白身と黄身が均一になるように溶きます。しっかり溶いたらパウダーが入ったボウルに流し入れましょう。

3.アーモンドミルクを入れて混ぜる

パウダーと溶き卵が入ったボウルに、アーモンドミルク100gを入れてよく混ぜます。

4.型に生地を流し入れる

お好みの型やタッパーを用意し、生地を流し入れましょう。シリコン製のドーナツ型を使うと、加熱後取り出すのが楽なのでおすすめです。

5.電子レンジ500Wで6分加熱する

500Wの電子レンジで6分ほど加熱します。型によって加熱時間が変わるので、生地の状態を見ながら加減してください。

6.型に入れたまま粗熱を取る

生地がしっかり膨らんだら、型に入れたまま室温で5分ほど置いて粗熱を取りましょう。熱いうちは生地がゆるい場合があるので、しっかり冷めてから型を外してください。

6.チョコレートコーティングを作る

粗熱を取っている間に、チョコレートコーティングを作りましょう。

エリスリトール大さじ2、ココナッツオイル大さじ2、ココアパウダー大さじ2を容器に入れます。ココナッツオイルが固まっている場合は、電子レンジにかけて液体になるまで溶かしてください。

ココナッツオイルが液体になったら、均一になるように混ぜ合わせます。

7.チョコレートコーティングをドーナツにかける

ドーナツの粗熱が取れたら型から外し、チョコレートコーティングをかけていきます。

チョコレートコーティングがサラサラして落ちてしまう場合は、扱いやすい固さになるまで少し冷やしてみてください。

ドーナツにかけたチョコレートコーティングが冷え固まったら完成です。

低糖質チョコレートドーナツを作るポイント

チョコレートコーティングまで手作りすれば、糖質を極限まで減らせます。

卵は溶いてから混ぜる

パウダー類に卵を加えるときは、別容器でしっかり溶きほぐしておきましょう。卵をそのままパウダー類に割り入れると、白身が混ざりにくいので大変です。

卵の白身と黄身が均一だと、パウダー類と混ざりやすくなります。しっかり混ぜて溶き卵の状態にしてから、パウダー類と合わせるようにしてください。

チョコレートコーティングに使う甘味料は液体でもOK

エリスリトールは溶けにくいので、チョコレートコーティングにジャリジャリとした食感が残ります。なめらかな食感にしたい場合は、液体の糖質0甘味料を使いましょう。

市販の液体の糖質0甘味料なら、ラカントシロップがおすすめです。エリスリトールと同じ分量で、同じような甘さに仕上がります。

低糖質チョコレートドーナツならダイエット中でもOK!

今回紹介した低糖質チョコレートドーナツは小麦粉も砂糖も不使用。油も使わず、電子レンジで作れるので簡単かつヘルシーなレシピです。

1個あたりの糖質量は2.7g、カロリーも1個あたり136kcalなので、糖質制限中でも糖質やカロリーを気にせず食べられます。

いつも頑張っている自分へのご褒美や、大切な人へのプレゼントにぜひ作ってみてくださいね。

この記事でわかったこと

油やオーブン不要!電子レンジで簡単にドーナツが作れる
ドーナツにかけるチョコレートコーティングまで自作して糖質オフ
電子レンジや型の種類によって加熱時間を調整

この記事を動画で見たい方はこちら

この記事の監修者

菊地 めぐみ

管理栄養士

記事を見る→

関連記事
新着記事