オンラインイベント
公開日:2021.09.09
フェイスブック ツイッター ライン
 

糖質制限中の人は必見!効率よく脂肪燃焼する方法を元五輪選手が解説

糖質制限をしているのに、なかなか脂肪が減らなくて悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

より効率よく脂肪を減らして美しいスタイルになるためには、無酸素運動と有酸素運動を摂り入れることが効果的です。

今回の記事では、元オリンピック選手の柳澤哲先生に「効率よく脂肪燃焼する方法」について解説していただきました。

この記事でわかること

効率よく脂肪燃焼する方法
糖質制限中の人に運動が必要な理由
脂肪燃焼におすすめの運動パターン

効率よく脂肪燃焼する方法

運動で脂肪燃焼するには、運動する順番がとても重要です。無酸素運動と有酸素運動をうまく組み合わせて、効率よく脂肪を燃焼しましょう。

元オリンピック選手・柳澤哲さんに教えていただきます

シドニー五輪代表
元東京大学生涯スポーツ健康科学研究センター技術補佐員

柳澤 哲

無酸素運動→有酸素運動の順番で運動する

脂肪燃焼のためには、無酸素運動→有酸素運動の順番で運動することがとても大切です。

無酸素運動とは、呼吸を止めるようなキツいエクササイズのこと。スクワットや腕立て伏せ、ダンベル体操など筋肉を強化するトレーニングのことをいいます。

有酸素運動はウォーキングやサイクリング、ダンスなどの呼吸をしながら行う運動です。つまり、キツいエクササイズを行った後に軽い有酸素運動をすることで効率よく脂肪燃焼を促せます。

分解された脂肪は燃焼しやすい

なぜ無酸素運動→有酸素運動の順番がいいかというと、脂肪は分解されることで燃焼しやすくなるからです。

  • 無酸素運動は脂肪を「分解」する
  • 有酸素運動は脂肪を「燃焼」する

無酸素運動で脂肪を分解してから有酸素運動をすることで、より効率よく脂肪が燃焼されます。

糖質制限における無酸素運動の重要性

糖質制限だけでもすっきりしますが、美しいボディメイクに運動は欠かせません。特に無酸素運動を行うことで、より効果的に脂肪燃焼できます。

無酸素運動では糖質がエネルギーとして使われる

無酸素運動は脂肪を主なエネルギー源にせず、糖質のエネルギーを多く使うような運動です。

脂肪を分解する成長ホルモンを分泌する

無酸素運動をすると、血中に「成長ホルモン」が多く分泌されます。

「成長ホルモン」とは、脂肪の分解をサポートするホルモンです。つまり、無酸素運動をして成長ホルモンを分泌することがとても大切といえます。

脂肪燃焼におすすめの運動の仕方

きついエクササイズの後にウォーキングをすることで、脂肪を効率よく燃焼させられます。無酸素運動と有酸素運動を組み合わせて、脂肪燃焼の効果を高めましょう。

  • スクワット→ウォーキング
  • 腕立て伏せ→サイクリング
  • ランジ→リズミカルニーアップ

ちょっとした買い物や子どもの送り迎えなど、身体を動かすときは自宅で無酸素運動をしてから出かけることがおすすめです。日常生活の動きも活用しながら、効率よく脂肪燃焼できるように工夫してみてください。

スクワットについて詳しく知りたい方はこちら

掃除機エクササイズについて詳しく知りたい方はこちら

リズミカルニーアップについて詳しく知りたい方はこちら

無酸素運動→有酸素運動の順番で運動して脂肪燃焼しよう

無酸素運動→有酸素運動の順番で運動することで、効率よく脂肪燃焼できます。

無酸素運動は強度が高いので、苦手意識を持っている人が多いかもしれません。しかし糖質をエネルギーとして使い、脂肪を分解してくれる運動なのでぜひチャレンジしてみてください。

自宅でできる「スクワット」「ランジ」なども無酸素運動になります。日常生活の中で無酸素運動を取り入れて、脂肪が燃焼しやすい身体を目指しましょう!

この記事でわかったこと

無酸素運動をした後に有酸素運動を行うことが効果的
無酸素運動は糖質をエネルギーに使い、枯渇すると脂肪をエネルギーにする
ウォーキング前にスクワットやランジなどを行うのがおすすめ

この記事を動画で見たい方はこちら

関連記事
新着記事