オンラインイベント

イライラしてしまうときに!自律神経の乱れを整える「スネイルのポーズ」を取り入れてみて

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

       

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

毎日生活する中で、心を広く、穏やかな気持ちでいられたら気持ちよく過ごせるのはわかっていても、些細なことでイラッとしてしまったり、積もり積もったストレスでイライラしたりすることも多いですよね。

そんな「イライラ」は自律神経の乱れが大きく関係していることはご存知でしょうか?

今回の記事では、自律神経を整える陰ヨガのポーズをマインドフル・ライフコーチでマインドフルネス陰ヨガ講師の葉月ようか先生に教えていただきました。

この記事でわかること

イライラが起こってしまう原因
イライラしたときに取り入れたい陰ヨガのポーズ
イライラしたときに取り入れたい陰ヨガのポーズの効果

なぜイライラが起こる?

現代人の多くは、日常生活を送っているだけでもさまざまなストレスの影響を受けています。

ストレスは交感神経を活発にし、興奮状態を作り出してしまうのです。このストレスがどんどん蓄積されてしまうと、些細なことでもイライラしてしまうなど、心や体、生活までに影響を及ぼしてしまいます。

イライラしたときにおすすめ!スネイルのポーズ

わかっていてもイラッとしてしまうときに取り入れてみてほしいと葉月ようか先生が教えてくれたのは、「スネイルのポーズ」です。

このスネイルのポーズは寝転んだままできるポーズなので、自宅でリラックスしながらやってみてくださいね。

①お尻を床から少し持ち上げて、両腿の裏に腕をまわして両脚を抱える


※生理中や首を痛めている人は①のままでキープしましょう。

②お尻を持ち上げ、両手で腰を支え、膝をおでこの上に載せる

③両足が頭の先の床につけたら、両腕は腰から離して床に下ろしてもOK。

④③の体勢から膝を肩へ近づけるようにして曲げ、両腕で両脚を抱えるようにします。

スネイルのポーズを行うときは、頭や首を動かすと危険なので目線を一点に集中させてポーズをキープしましょう。

スネイルのポーズの効果

背骨は頭蓋骨から骨盤まで26個の骨でできていて、その中に交感神経や副交感神経が通っています。そのため、体が歪んでいたり、姿勢が悪くなったりすると自律神経にも影響が出ると葉月先生はおっしゃいます。

そのため、スネイルのポーズのような背骨全体(頸椎から仙骨まで)をほぐすようなポーズを取り入れるのがおすすめだそう。

骨と骨の間にスペースが生まれると可動域が向上

④のポーズが完成形ですが、ご自身の柔軟性に合わせて①、②、③、のいずれかの段階でポーズをキープしても大丈夫です。呼吸が続けられてご自身を観察できる位置で3分~5分程キープし、呼吸や体の内側で起こっている感覚や変化を観察します。

背骨や背骨周りの靭帯、腱、筋膜は水分が少ないのでほぐれるのに時間が必要です。骨と骨の間にスペースが生まれ、可動域が広がり、リラックス効果も高まります。

少しむずかしいポーズだと思う人もいるかもしれませんが、①→②→③→④というように段階を踏んで練習を続けていけば徐々にできるようになります。

イライラが溜まった時は背骨をほぐしてあげよう!

日頃からストレスが溜まっていると、ついつい些細なことでイライラしてしまいがちに。イライラすると、他人との雰囲気も悪くなるだけでなく、自分自身もどっと疲れてしまいますよね。

そんな“イライラ”にはスネイルのポーズなど、自律神経がたくさん通っている背骨をほぐすポーズを取り入れるのがおすすめです。

ぜひ少しずつでも良いので生活の中に取り入れてみてくださいね。

この記事でわかったこと

イライラは自律神経が関係、交感神経が活発になることで引き起こされる
イライラしたときはスネイルのポーズがおすすめ
背骨をほぐしてあげることで自律神経が整いやすく

最終更新日:2021.07.27

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

葉月 ようか

・マインドフルライフコーチ

記事を見る→

関連記事
新着記事