オンラインイベント

MB-EATって?心身のバランスや自己調整力を整える食事法とは

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

       

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

忙しく毎日を過ごしていると、毎食機械的に食事をしていたり、流し込むようにご飯を食べていたりすることはありませんか?

お腹いっぱい食べているはずなのに、なぜか満足できない…と悩んでいる、なんて人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では、インディアナ大学の名誉教授・心理学者のジーン・クリステラー博士発の食事メソッド「MB-EAT」について、マインドフル・ライフコーチでマインドフルネス陰ヨガ講師の葉月ようか先生に教えていただきました。

この記事でわかること

MB-EATって?
MB-EATの効果について
MB-EATを取り入れるには

MB-EATとは

MB-EATとは、Mindfulness Based Eating Awareness Trainingの略。日本語では「マインドフルネスに基づいた食事の認知療法」と言います。

この治療法は米エール大学の博士号を持ち、さらにインディアナ大学の名誉教授・心理学者でもあるジーン・クリステラー博士が発案したもの。

ジーン博士は長年、マインドフルネスと肥満や健康行動について研究をされており、40年以上の研究に基づく集大成とも言えるのが「MB-EAT」です。

体重や血糖値の改善への効果が実証されているMB-EAT

このMB-EATは日本ではまだあまり聞き慣れない言葉かもしれません。しかし、アメリカでは米国衛生研究所(NIH)のサポートを受けた2つの大規模研究によって効果が実証されています。

これまで体重や血糖値の改善には、認知行動療法や運動療法を取り入れることが一般的でしたが、これに加え瞑想を取り入れている人の方がより改善効果を示していることがわかっているのです。

MB-EATのメソッドを取り入れるには

では実際に生活の中にMB-EATのメソッドを取り入れるにはどうすればいいのでしょうか?

MB-EAT×マインドフル・イーティングで取り入れる

これまで、ダイエットというと厳しい食事制限や運動を取り入れないと痩せられないと思っている人も多くいました。しかし、それでは我慢をすることが必須になりがち。

MB-EATのメソッドを取り入れたマインドフル・イーティングでは、厳しい食事制限や毎日の運動のノルマないため、気軽に取り入れられます。

まずは食事の際の自分の感覚を数値化する

「なんとなく」で食事を済ませてしまっている人も多いかもしれません。MB-EATのメソッドを取り入れるには、

どのくらい空腹を感じているか
美味しいと感じているか
など、自分の意識に目を向けていきます。

そして自分の感覚を以下のように1〜10の数値で表してみます。

感覚の数値化の例:

▼美味しさの数値化
1→おいしくない、10→すごく美味しい

▼空腹度の数値化
1→満腹状態、10→とてもお腹が空いている

最初はむずかしいと感じるかもしれませんが、やっていくうちに徐々に慣れてきます。初めのうちは「自分の好物が目の前に出されたとしたら」と考えてみるといいでしょう。

「空腹・満腹・美味しさ」のバロメーターを想像する

先ほど紹介した自分の感覚の数値化を、食事をしているときに実施してみてください。頭の中でバロメーターのようなものを思い描くとやりやすくなります。

そうすると一口目は「すごく美味しい」と思っていたとしても、食べ進めていくにつれて味を感じる味蕾細胞の感覚が褪せてくるので「そこまで美味しく感じないかも」と思うようになることも。

最初のうちは瞑想やボディスキャンを取り入れると◎

どうしても食事をしているときの感覚の数値化がむずかしい場合は、瞑想やボディスキャンを取り入れて、徐々に自分の意識に目を向ける準備をしてみるのもおすすめです。

ボディスキャンについて詳しく知りたい方はこちら

ドカ食いを防いで自己調整力を向上させる「MB-EAT」を取り入れてみよう

ストレスや疲れが溜まっていると、カロリーの高いものや甘いものについつい手が伸びて、止まらなくなってしまうことってありますよね。

MB-EATのメソッドを取り入れると、このように感情の赴くままに食事をしてしまうのを防ぐことができます。すると自分で感情を調整する力が向上するので、ダイエットのためにも健康のためにも良い影響を与えてくれるのです。

まずは自分の感情を数値化するところから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事でわかったこと

MB-EATは体重や血糖値の改善に効果があることが実証されている
まずは自分の感情を1〜10の数値で測ってみる
むずかしいと感じる場合は、瞑想やボディスキャンを取り入れながら

葉月先生の著書「食べる瞑想で人生が変わる ~マインドフル・イーティングで内なるグルメを呼び覚まそう」を詳しく知りたい方はこちら

最終更新日:2021.07.28

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

葉月 ようか

・マインドフルライフコーチ

記事を見る→

関連記事
新着記事