オンラインイベント
公開日:2021.07.29
フェイスブック ツイッター ライン
 

ストレスでドカ食いが止まらないときに取り入れて!マインドフルイーティングのメリットとは

ストレスを感じたり、疲労が溜まったりすると、ついつい好物を好きなだけ食べてしまうことはありませんか?

「やめたくてもつい食べてしまう…。」という人も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、株式会社マインドフルへルス所属でマインドフル・ライフコーチ、マインドフル・イーティング講師である葉月ようか先生に、心を整えるMB-EATのメリットを伺いました。

この記事でわかること

マインドフル・イーティングで起こる変化
マインドフル・イーティングで葉月先生が気づいたこと
マインドフル・イーティングを取り入れるメリット

マインドフル・イーティングで食べてみるとどんな変化が起こる?

マインドフル・イーティングとは、自分の意識に目を向けながら、ひと口ひと口を噛み締めるように味わう食事方法。

ストレス感じているときや疲れているときについ手が伸びてしまうものってありますよね。

そんなときにマインドフル・イーティングを取り入れると、ひと口をゆっくり味わいながら食べ進めていくので、まるで口の中でその食べ物を調理しているような状態になります。

そのため好物だと思っていたものでも、甘ったるく感じてしまったり、歯にひっつくような感触がしたりなど、普段の食事では感じ取れないことを感じるようになります。

MB-EAT、マインドフル・イーティングについて詳しく知りたい方はこちら

スイーツ大好き、晩ご飯はスナック菓子、コンビニスイーツも大好きだった過去

葉月先生は大手旅行会社在職中、モルディブ赴任中に環境の変化やストレスなどにより、好物だったチョコレートがやめられなくなったり、仕事後もスナック菓子で食事を済ませてしまったりした過去があるそう。

葉月先生:

実は私はすごくチョコレートが好きでよく食べていたのですが、マインドフル・イーティングを出会ってから食べてみると「実はそんなに好きじゃない」と思ったんです。

作業的に食べているとなかなか気づけないですが、マインドフル・イーティングを取り入れていると徐々に自分の体の声が聞こえるようになります。

そして本当に自分に合うもの、合わないものの見分けがつくようになります。

マインドフル・イーティングで食後の眠気も防げる

ランチのあとに眠気に襲われて、ウトウトしてしまう…。という人も多いはず。この現象は血糖値スパイクが原因。

血糖値は通常ゆるやかに変化していますが、糖質の高い食べ物を摂取するとインスリンが過剰に分泌され、血糖値が急激に上昇します。この血糖値スパイクが起こると、食後のあの「ウトウト」する眠気を引き起こしてしまうのです。

マインドフル・イーティングを取り入れると、食事をゆっくりと味わうため、急激な血糖値の上昇も防げるため、食後の眠気も防止できます。

糖質制限がむずかしいと感じる人も取り入れやすい

食後の血糖値スパイクはさまざまなリスクを引き起こすことがわかっていますが、食事の糖質を制限する方法はなかなか取り入れづらいと感じることもありますよね。

そんなときはまず、マインドフル・イーティングを取り入れてみてください。食後の血糖値スパイクを防ぐだけでなく、感情に任せてドカ食いをしてしまうのも防げるようになります。

ドカ食いがやめられない人は​​マインドフル・イーティングを試してみて

さまざまなことがトリガーになり、ついお菓子や甘いものなどをドカ食いしてしまうという人も少なくないのではないでしょうか。

環境を変えてストレスを取り除くことはむずかしいかもしれません。しかし、感情に任せて食べ過ぎてしまう行為を続けていては健康のためにも心身のためにもよくありませんよね。

今回ご紹介したマインドフル・イーティングは思いついたときに始められるため、ぜひ今日の食事やおやつを食べる時間などに試してみてください。

この記事でわかったこと

マインドフル・イーティングを実施すると好物だと思っていたものが実はそんなに好きじゃなかったことに気づくことも
マインドフル・イーティングを取り入れると食後の血糖値上昇も防げる
マインドフル・イーティングは糖質制限がむずかしいと感じる人にも取り入れやすい

葉月先生の著書「食べる瞑想で人生が変わる ~マインドフル・イーティングで内なるグルメを呼び覚まそう」を詳しく知りたい方はこちら

この記事の監修者

葉月 ようか先生

株式会社マインドフルへルス所属 マインドフル・ライフコーチ

記事を見る→

関連記事
新着記事