オンラインイベント

おからパウダーで作る!低糖質のしっとりパウンドケーキ

フェイスブック ツイッター ライン
 

糖質制限ダイエット中でも、たまには甘くてしっとりふわふわなパウンドケーキを食べたくなるときもありませんか?

今回の記事では、小麦粉の代わりにおからパウダーを使用するパウンドケーキを紹介します。料理初心者の人でも簡単に作れるレシピなので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事でわかること

低糖質パウンドケーキの作り方
低糖質パウンドケーキを作るコツ
低糖質パウンドケーキのアレンジ方法

低糖質パウンドケーキの作り方

エリスリトールはオンライン通販などで購入できます。市販品を使う場合は、ラカントSという糖類0甘味料がおすすめです。

材料

  • おからパウダー 50g
  • エリスリトール 65g
  • Lサイズの卵 2個(Sサイズなら3個)
  • オリーブオイル 30g
  • アーモンドミルク(または豆乳) 150cc
  • ベーキングパウダー 7g

【トッピング(お好みで)】

  • 低糖質チョコレート
  • ナッツ

作り方

1.オーブンを170℃に予熱する

オーブンを170度に予熱しておきます。

2.型にクッキングシートを敷く

オーブンを予熱している間に、型にクッキングシートを敷きます。

シリコンの型を使う場合は、クッキングシートを敷かずに使用してOKです。

3.卵を割り入れて混ぜる

ボウルにLサイズの卵2個分(Sサイズの卵3個分)を割り入れます。

手動の泡立て器を使い、白身と黄身が均一になるまでよくかき混ぜてください

4.卵にオリーブオイルを加える

ボウルで卵をかき混ぜながら、オリーブオイル30gをゆっくり流し入れます。卵とオイルがなじむようによく混ぜてください。

オリーブオイルの風味が苦手な人は、米油やグレープシードオイルを使ってもOKです。

5.エリスリトールを入れて混ぜる

卵とオイルがよく混ざったら、エリスリトールを一気に加えます。エリスリトールのザラザラとした食感が残らないように、ここでしっかり混ぜて溶かしましょう。

6.アーモンドミルク・おからパウダー・ベーキングパウダーを加える

エリスリトールがしっかり溶けたら、アーモンドミルク(または豆乳)150ccを加えてかき混ぜます。続けておからパウダー50g、ベーキングパウダー7gを加えます。

7.生地をよく混ぜる

生地がなめらかになるまで、手動泡立て器でしっかりかき混ぜましょう。

おからパウダーにはグルテンが含まれないので、混ぜすぎても粘りが出て膨らまなくなることはありません。粉がダマにならないように、ここでしっかりとかき混ぜることがポイントです。

8.トッピングする具材を入れる

生地がなめらかになったら、お好みで低糖質チョコレートやナッツなどのトッピングを加えます。

9.型に流し入れる

型に生地を流し入れます。ゴムベラを使用し、ボウルについた生地も残さずかき取りましょう。

トッピングを入れた場合は、偏らないように底で軽くならします。

10. 170℃のオーブンで40〜45分焼

170℃に予熱したオーブンで40〜45分ほど焼きましょう。ご家庭のオーブンの特徴に合わせて、加熱時間を加減してください。

11.粗熱を取って冷やしたら完成

パウンドケーキが焼けたら、型に入れたまま粗熱を取ります。型が触れる程度まで冷めたら、型から外してケーキクーラーに乗せてください。

キッチンペーパーを濡らして固く絞り、パウンドケーキにかけて冷まします。完全に冷めたら冷蔵庫に入れ、しっかり冷やしたら完成です。

低糖質パウンドケーキを作るポイント

糖類0甘味料や低糖質食材を使えば、糖質制限中でも好きなだけスイーツが食べられます。

糖類0甘味料を使えば血糖値が上がりにくい

砂糖の代わりにエリスリトールを使うことで、低糖質に仕上げました。エリスリトールは血糖値が上がりにくい甘味料なので、糖質制限中でも安心して食べられます。

エリスリトールはスーパー等であまりみかけませんが、オンライン通販で購入可能です。市販のものを使う場合は、ラカントSという糖類0甘味料を使用してみてください。

ココアや抹茶でアレンジできる

ココアパウダーや抹茶パウダーを加えれば、簡単にアレンジできます。レモン汁を少量加えて、爽やかな酸味をつけるのもおすすめです。

低糖質パウンドケーキならタンパク質も補える!

おからパウダーを使ったパウンドケーキはしっとりふわふわ。一晩置くとさらにしっとり感が増し、味がなじんでおいしく仕上がります。

オーブンを使う料理はハードルが高く感じるかもしれませんが、加熱中は放っておくだけなので意外と簡単です。1人分(1/8カット)で糖質0.7g、全量でも糖質5.4gなので、糖質制限中のおやつに作ってみてください。

この記事でわかったこと

おからパウダーを使って糖質量を抑える
砂糖の代わりに糖類0甘味料を使えば血糖値が上がりにくい
ココアや抹茶パウダーなどでアレンジ自在

この記事を動画で見たい方はこちら

最終更新日:2021.08.09

この記事の監修者

菊地 めぐみ

・管理栄養士

記事を見る→

関連記事
新着記事