オンラインイベント

糖質制限中に食べすぎたときの対処法!ダイエットを諦めないで

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

ダイエットのために糖質制限を行っていても、つい食べすぎてしまい、いつもより糖質を摂りすぎてしまったなんてこともあるでしょう。

そこで「ダイエットは失敗だ…」と諦めてしまうのはもったない!

今回は糖質制限中に食べすぎてしまったときに試して欲しい、摂取した糖を減らす方法をご紹介します。

この記事でわかること

いつもより糖を多く摂取してしまったときの対処法
食事か運動どちらが糖を減らせるのか
こってりした食べ物はやはり控えるべきなのか

ダイエット中に糖質を摂りすぎて翌日に食事制限をしても効果は出にくい

ダイエットのために糖質制限に力を入れていても、ときにはいつもより食べすぎてしまうこともあるでしょう。

そんなときは「もうダメだ」と自暴自棄になるのではなく、摂りすぎた糖質を減らすのがおすすめです。

おそらく「減らす」と聞いて、みなさんは翌日以降の食事で調整する方法をイメージするのではないでしょうか?もちろんそれでも悪くはないですが、それよりも運動をしたほうが効果は出やすいのです。

ダイエット中に摂った糖質を減らすには有酸素運動が効果的

では具体的にどんな運動をすれば良いのでしょうか。それは「有酸素運動」。もともと糖質はエネルギーとして利用されるものなので、有酸素運動によって摂りすぎた分を消費すれば良いのです。

余った糖質をそのままにしておくと、やがて中性脂肪に変化し、食べすぎた日から3日後に脂肪へ変化します。その前に有酸素運動で糖質を消化しておけばチャラにできる、というわけですね。

ダイエットをダメにしない!どれぐらいの運動で糖質は消費される?

「有酸素運動で消費すれば多少食べすぎても問題ない」と思ってしまうと、あとあと大変な目にあってしまうかもしれないので注意。

たとえば、ダイエット中にラーメンを1杯食べてしまったとします。ラーメン1杯あたりのカロリーは約500kcalで、その分を運動で消費するには1時間半ほど有酸素運動をしなければなりません。

1時間半の有酸素運動を頻繁に行うのはなかなかつらいもの。もしつらいから、と摂りすぎた糖質をそのままにしておけば、食べてから3日後には脂肪へ変わってしまいます。

ダイエット中はやはり糖質の摂りすぎに注意すべき

このように、ラーメン1杯分のカロリーを消費するには、1時間半もの運動量が必要です。

もちろんたまにはご褒美として食べても良いでしょうが、基本は糖質を摂りすぎない食生活を心がけるのがベスト。

「糖質制限でダイエットに力を入れる」

一時的に食べすぎてしまったときは有酸素運動で調整

というスタンスで行うと、無理なくダイエットを成功させられるでしょう。

糖質を摂りすぎたら運動で糖質を体内に余らせたままにしないのが大切

ダイエット中に糖質を摂りすぎてしまった場合、翌日以降の食事を制限する方法ではあまり効果が出ません。

有酸素運動によってエネルギーを消費し、糖質を余らせないことがポイント。そのままにしておくと脂肪へ変化してしまうため、食べすぎたときは翌日から運動に力を入れるように心がけましょう!

この記事でわかったこと

翌日に食事制限をしても摂りすぎた糖質を減らしにくい
有酸素運動を行い、多すぎる糖質を消費するのが効率の良い方法
運動で500kcalを消費するには1時間半かかるので、できるだけ糖質を摂りすぎないよう心がけること

この記事を動画で見たい方はこちら

最終更新日:2021.09.01

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

西脇 俊二

・医療法人社団KYG医療会 ハタイクリニック 院長

記事を見る→

関連記事
新着記事