オンラインイベント
公開日:2021.11.11
フェイスブック ツイッター ライン
 

私ってもしかしたら更年期?気づきにくい更年期の症状と治療について

「最近不調が多い」「もしかして更年期?」など、加齢による体調不良に悩んでいる人が多いのではないでしょうか。

眼科や耳鼻科、皮膚科など……いくつも通院しているうちに、気付けばお薬ばかりが増えてしまうことも。病院で治療してもなかなか治らない場合は、更年期による不調かもしれません。

そこで今回は、更年期トータルケアインストラクターの永田京子先生に「気づきにくい更年期の症状」について解説していただきました。

この記事でわかること

気づきにくい更年期の意外な症状
更年期の症状がでたら病院へ行くべきかどうか
更年期の検査はどのように行われるのか

気づきにくい!更年期の意外な症状

更年期の症状は200〜300種類といわれており、代表的な症状「のぼせ」「ほてり」以外にもさまざまな不調が起こります。今感じている心身の不調も、もしかしたら更年期が原因かもしれません。

粘膜の変化

更年期になると、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によって粘膜が乾燥しやすくなります。

「目が乾く」「飲み込みにくい」など、更年期とは結びつきにくい症状が特徴です。目、鼻、喉、膣など、体中の粘膜に変化が起こりやすくなります。

物忘れがひどくなる

更年期で気になり始めるのが、記憶力の低下です。

女性ホルモンは、脳内で記憶を司る「海馬」を活性化させる働きが研究で実証されています。そのため更年期に女性ホルモンが減少すると、記憶力の低下が起こりやすくなってしまうのです。

また、更年期の諸症状で心身にストレスがかかり、さらに記憶力が低下してしまうことも考えられます。自律神経の乱れによる不眠も、脳がエラーを起こす原因の1つです。

40代で物忘れがひどくなり始めたら、自分を責めるのではなく更年期症状の可能性を考えてみてください。更年期はいつか改善するものなので、無理せず上手に付き合っていくことが大切です。

耳鳴りのような症状

更年期の症状として以外なのが「耳鳴り」です。

女性ホルモンが減少することで、自律神経が乱れて耳鳴りが起こることがあります。さらにストレスなど精神的な理由も重なることで、強い耳鳴りが起こることも…。

ただの耳鳴りだけでなく、頭の方までガンガン鳴ってしまうケースもあります。「いつもと違う」と感じたり、頭痛やめまいも同時に起こったりする場合は、できるだけ早めに医療機関を受診しましょう。

病院に行っても解決しない症状

更年期の症状は200〜300種類あるといわれており、どれが更年期の症状か見分けるのは難しいもの。

女性ホルモンの低下で不調が出ている場合、「目が乾いたから眼科」「肌の調子が悪いから皮膚科」など、病院を回っていても投薬や治療コストが増えるばかりです。しかも根本的な原因を解決できないので、なかなか不調が改善されません。

40歳以上の女性で「症状別の診療科へ行ったけれども異常なし」という場合や「なんだかよく分からない不調」が続くときは、婦人科で更年期の検査を受けてみるのがおすすめ。根本的な原因が更年期なら、更年期の治療をすることでさまざまな不調がラクになることがあります。

更年期の症状は病院へ行くべき?

更年期の症状は「なんとなく不快」「説明しにくい不調」などが多いもの。では、更年期の症状が出たときは病院へ行くべきなのでしょうか。

我慢しないで!更年期は治療で軽くなる

生活習慣を整えても更年期の症状が気になるときは、病院で検査を受けることをおすすめします。

更年期障害には治療法があります。更年期に適した治療をすることで、心身の不調を改善して快適な生活を取り戻すことが期待できます。

「更年期だから」といって、我慢しすぎるのは禁物。つらいときは我慢せず、医療に頼ることも大事な選択肢です。

要注意!重大な病気が隠れていることも

更年期の症状だと思っていたものが、実は大きな病気のサインかもしれません。

更年期の症状は多くあるので、重大な病気と間違えてしまうことがあります。例えば甲状腺の病気などは、更年期の症状と間違えられやすい症状です。

そのため「何かよく分からない症状が続いてる」と感じたら、一度は医療機関へ行って相談してみるのもいいでしょう。

更年期の相談は婦人科へ

更年期の症状で「何科に行けばいいの?」「なんて説明すればいいの?」と迷ったときは、婦人科へ行きましょう。

40歳以上の女性なら、誰しも女性ホルモン低下の影響を受けている可能性があります。婦人科なら更年期患者の状況を理解しているので、説明しにくい症状でも分かってもらえるはず。

かかりつけの婦人科がない人は、できるだけ早めに信頼できる医師やクリニックを見つけておきましょう。予め相談先を決めておけば、更年期の症状が出たときに安心して受診できます。

更年期の検査・診察のやり方

「婦人科が苦手」「内診台に乗りたくない」など、婦人科へ行くことに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。更年期の検査や診察方法をチェックし、あらかじめ心の準備をしておきましょう。

症状ごとに適した診察を行う

医療機関によって異なりますが、婦人科の一般的な更年期検査は以下のとおりです。

  • 問診
  • 血液検査
  • 血圧測定
  • 超音波検査

基本的には問診を行い、他の婦人科疾患がないかを確認するために内診や子宮がん検診、超音波検査を行います。また、採血による女性ホルモン値の測定や、更年期以降に気を付けなくてはならない骨粗鬆症や高脂血症などについての検査をすることもあります。

詳しくは受診する医療機関のホームページを確認、または直接問い合わせをしてみましょう。

その不調は更年期が原因かも!まずは婦人科に相談してみて

更年期の症状は「ホットフラッシュ」「気分の落ち込み」などがよく知られていますが、実はその他にも200〜300種類もの症状があるといわれています。

目の乾燥や物忘れ、肌の衰えなど……40歳を過ぎて身体の変化を感じ始めたら、それは更年期による症状かもしれません。

婦人科に相談すると、まずは採血をして女性ホルモンの変化を確認し、必要であれば更年期に適した治療が受けられます。「もしかしたら更年期かも?」と思ったら我慢せず、まずは婦人科の医師に相談してみてくださいね。

この記事でわかったこと

目の乾きや物忘れなど意外な症状も更年期の可能性がある
大病が隠れている可能性もあるので病院へ行ったほうがいい
更年期の症状が出たら問診と採血で検査するのが基本

この記事の監修者

永田 京子先生

・NPO法人ちぇぶら代表理事
・更年期トータルケアインストラクター

記事を見る→

関連記事
新着記事