オンラインイベント

おせちの一品も糖質オフで賢く美味しく!伊達巻と栗きんとんレシピをご紹介

フェイスブック ツイッター ライン
 

新年を迎えると、お正月はおせちを囲んでのんびり過ごす方が多いのではないでしょうか。

ヘルシーなイメージの和食ですが、おせち料理は日持ちをさせる為、糖分塩分を通常より多く使用します。そのため糖質が高く、さらにご飯やお酒と合わせることで糖質過多になりがち…。

そこで今回は、糖質オフで賢く美味しいおせちの定番一品「伊達巻」「栗きんとん」のレシピをご紹介します。

この記事でわかること

糖質オフ伊達巻&栗きんとんの材料
糖質オフ伊達巻&栗きんとんの作り方
糖質オフ伊達巻&栗きんとんのポイント

糖質オフ伊達巻の作り方

伊達巻の原料は主に卵とタラのすり身など。味付けを除けばタンパク質がメインとなります。

今回は、砂糖など糖質の多い調味料を一切使用しない「糖質オフ伊達巻」のレシピをご紹介します。

材料

※卵焼き器13×18cm使用

  • 卵 3個
  • はんぺん 50g
  • エリスリトール 大さじ2
  • 醤油 小さじ1

作り方

生地を混ぜる際、ミキサーまたはフードプロセッサーなどのブレンダーを使用します。ない場合はポリ袋に材料をすべて入れて、手でもみ潰しながら混ぜ合わせて作ることもできます。

1.材料を全て混ぜ合わせる

ミキサーに材料をすべて加え滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。

2.卵焼き器を温める

テフロン加工などがない場合は油を薄く敷いておき、生地がくっつかないようにしましょう。

3.卵焼き器に生地を入れて焼く

1で混ぜ合わせた生地を温まった卵焼き器に全量入れ、上からアルミホイルをかぶせ弱火で3-5分焼き色が付くまで焼きます。

4.焼き色がついたらひっくり返す

焼き色が付いたらひっくり返し、反対側も同様に焼きましょう。
※先ほどより短い時間で、竹串などを刺して中まで火が通っていればOK。

5.焼き上がったものを巻き簾に乗せ、切れ目を入れる

巻き簾を用意し、その上にラップをのせておく。出来上がった生地を焦げ目を下にして巻き簾にのせ、表面に2cm間隔で浅く横方向に軽く切り目を入れてください。

6.焼き上がったものを巻き簾で巻く

生地が熱いうちに巻く。巻きはじめは巻きにくいので、一度巻いて、くせを付けてから、もう一度巻き直します。

巻き終わったら、ラップの端をきちんと閉じて2カ所を輪ゴムできっちりと止め、完全に冷めてから切ってください。

糖質オフ伊達巻を作るポイント

甘めの味付けが美味しい伊達巻ですが、通常は砂糖を使うため糖質が多めに…。だたし、材料を工夫すれば美味しさはそのまま糖質オフすることも可能です!

血糖値を上げない甘味料を使用して糖質オフに!

砂糖やみりんなど糖質の多い調味料を一切使用しない事で糖質をカットします。今回のレシピでは、甘味料は血糖値を上げない「エリスリトール」という甘味料を使用します。

通常スーパーではあまり見かけませんが、オンラインで購入可能。市販のものでは、「ラカントS」という甘味料もおすすめでスーパーなどでも売られています。

どちらを使用しても血糖値を上げないので、糖質制限中の方や糖質が気になる方はぜひ活用してみてくださいね。

糖質オフ伊達巻を手軽に美味しくするポイント

今回のレシピでは、魚のすり身の代わりにはんぺんを使用し、生地をミキサーで混ぜ合わせることで、時間も手間もグッと抑えられます。また、卵焼き器を使用すれば、ご家庭でも手軽に作ることができます。

ただし、生地に火を通し過ぎるとパサついて美味しさが損なわれます。焼くときはアルミホイルをかぶせて蒸し焼きに。水分を保った状態で焼き、焼き色は片面だけしっかり付けたら反対側はあくまで火が通るまで、短時間で焼き上げるようにしましょう。

また冷ますとき、保存するときもラップでしっかりと包み保湿した状態にするのがポイントです。

糖質オフ栗きんとんの作り方

お次は箸休めについつい口に運んでしまう、素朴な甘さの栗きんとんの作り方をご紹介します。

材料

    • さつまいも(中) 2本(300g) ※市販の焼き芋でもOK
    • むき甘栗 120g
    • 甘味料 お好みで

作り方

1.さつまいもを切って水にさらす

さつまいもは皮をむき、3cm幅の輪切りにして、水に10分さらします。

2. さつまいもを中火で煮る

鍋に水気を切ったさつまいもを入れ、ひたひたの水を加え中火で煮ます。

3. さつまいもをペースト状に潰す

さつまいもが柔らかくなったら、火を弱め残った煮汁ごとさつまいもを木べらなどでペースト状に潰します。このとき、水分が多くペーストが緩い場合は、火にかけたまま程よい固さになるまで水分を飛ばしてください。

4. 甘みが足りない場合は甘味料を加える

一度味見をし、甘みが足りない場合は甘味料を加え混ぜ合わせ、火から下ろします。

5. むき甘栗を加えて全体を混ぜ合わせる

鍋にむき甘栗を加え、全体を均一に混ぜ合わせます。

6. 粗熱をとってから盛り付けを

そのまま粗熱を取り、常温まで冷めたらお皿に盛り付け、トッピング用の甘栗をのせて完成。
※市販の焼き芋を使用する場合は、皮を剥いたらペースト状に潰し、甘栗を混ぜるだけで完成です。

甘みが足りない場合は、ペーストに甘味料をお好みの量加えて下さいね。

糖質オフ栗きんとんのポイント

今回紹介したレシピでは、むき甘栗や市販の焼き芋などを使用することで甘味料の使用を抑え、糖質オフの栗きんとんに仕上げています。

市販の焼き芋や甘栗を活用して、ぜひお試しくださいね。

おせち料理も工夫次第で美味しく手軽に糖質オフできる!

おせち料理はついつい箸が進んでしまい、食べすぎてしまった…。という経験がある方もいるのではないでしょうか。

今回ご紹介した伊達巻と栗きんとんのレシピは、砂糖不使用で糖質オフできる上、自宅で簡単に作れるレシピになっています。糖質制限などで普段から糖質量を気をつけている方も、是非お正月に試してみてはいかがでしょうか。

この記事でわかったこと

おせち料理は砂糖を使いがちなので糖質量に注意
伊達巻ははんぺん、栗きんとんはむき栗と市販の焼き芋使用で簡単美味しく!
砂糖を使わず、エリスリトールやラカントSなどの甘味料を使用して血糖値を上げない

最終更新日:2020.12.21

この記事の監修者

菊地 めぐみ

管理栄養士

記事を見る→

関連記事
新着記事