オンラインイベント

吉森 保先生 (よしもり たもつ)

大阪大学大学院生命機能研究科教授

生命科学者、専門は細胞生物学。医学博士。大阪大学大学院生命機能研究科教授、医学系研究科教授。
1996年オートファジー研究のパイオニア大隈良典氏(2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)が国立基礎生物学研究所にラボを立ち上げた時に助教授として参加。
国立遺伝学研究所として独立後、大阪大学大阪大学微生物病研究所教授を経て、現職。2017年大阪大学栄誉教授、2018年生命機能研究科長。

経歴・受賞歴

▼受賞歴
・紫綬褒章(2019年)
・持田記念学術賞(2017年)
・Clarivate Analytics社Highly Cited Researchers(2014年、2015年、2019年、2020年)
・上原賞(2015年)
・大阪大学総長顕彰(2012~15年4年連続)
・日本生化学会・柿内三郎記念賞(2014年)
・文部科学大臣表彰科学技術賞(2013年)

▼著書
・LIFE SCIENCE(ライフサイエンス) 長生きせざるをえない時代の生命科学講義(日経BP)

記事一覧

細胞が入れ替わる?!オートファジーの3つの重要な機能とは?

公開日:2021.10.30

老化や病気を防ぐ?!細胞の重要な仕組み「オートファジー」について解説

公開日:2021.10.29