おでこの肌荒れの原因とその改善方法とは?生活習慣の見直しが重要なポイントに!

  • 美顔

肌荒れの中でも悩むことが多いのがおでこ。前髪が当たりやすかったり、気がつかないうちに顔に触っていたりすることで、ニキビなどの肌荒れが起きやすいと言われています。おでこにニキビなどができてしまうと、前髪で隠そうとしてしまいがちですが、そうするとさらに肌荒れが悪化することも…。

そこで今回はおでこの肌荒れはなぜ起こるのか、その原因と改善方法について詳しくご説明していきます。

おでこの肌荒れの原因

  • 石鹸の流し残しによる毛穴づまり
  • 髪の毛の刺激
  • 整髪料による毛穴づまりや雑菌の繁殖
  • シーツや帽子に染みついた汗や雑菌
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 紫外線や乾燥

顔の部位の中でもおでこはすぐに脂っぽくなってしまい、テカテカとしてしまいがち。それは、おでこには皮脂を分泌する皮脂線が集中しており、皮脂が多く分泌されているのが理由。ニキビは毛穴が詰まることが原因となるため、皮脂が過剰に分泌されると、その分毛穴も詰まりやすくなり、肌荒れにつながります。また、皮脂が毛穴に詰まること以外にもさまざまな原因が考えられるため、詳しく見ていきましょう。

石鹸の流し残しによる毛穴づまり

せっかく綺麗に顔を洗っても、石鹸や洗顔料の流し残しがあるとかえって毛穴を詰まらせ、肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。おでこだと特に髪の毛の生え際は流し残ししやすい箇所なので、注意しましょう。

髪の毛の刺激

おでこは他の部位と比較しても特に前髪が触れやすい箇所です。髪の毛にはホコリや汚れが付着していることがあり、それがおでこに触れることで肌荒れの原因となります。また、汚れはニキビなどのもととなるアクネ菌の栄養となり、炎症を悪化させてしまうことも。対策としては毛先がおでこにつかないようなヘアアレンジをしてみたり、シャンプーのすすぎ残しなどがないよう普段からしっかりと髪の毛を洗い、清潔な髪をキープすることも重要です。

整髪料

整髪料に含まれる成分や油分が毛穴を詰まらせたり、菌を繁殖させたりしてしまうことも。毛穴のつまりや刺激は肌荒れの原因となるため、整髪料を付ける場合は、おでこに整髪料を付着させないようなスタイリングを心がけること、そして洗髪の時に整髪料を残さないようにしっかり洗うことなどの注意が必要です。

汗や雑菌

人間はただ寝ているだけでも一晩で約500mlの汗をかくと言われており、汗や皮脂は枕やシーツなどの寝具に残ります。すると、染み付いた汗や皮脂によって雑菌が繁殖し、そこに直接肌をつけて寝てしまうとおでこなどに肌荒れが起こることがあります。毎日全ての寝具を洗濯するのは難しいですが、せめてシーツや枕カバーなど直接肌に触れるものは週に1〜2回ほど洗濯しましょう。また、帽子などもおでこに汗のついた生地が直接おでこにつくことがあるため、除菌や洗浄はこまめに行うことをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れ

生理前などは特に肌荒れを起こしやすいですよね。これはホルモンバランスの乱れが原因と言われています。肌に関係のあるホルモンに黄体ホルモンがありますが、これは男性ホルモンのような性質を持ちます。

生理前にこの黄体ホルモンが徐々に増加してくることで、皮脂の分泌が活発になります。すると、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まりやすくなり、おでこの肌荒れの原因となります。なお、ホルモンバランスの乱れには、女性ホルモン似た働きを持つイソフラボンを含む大豆食品などの摂取がおすすめです。

紫外線や乾燥など

肌にはバリア機能があり、肌の水分の蒸発や乾燥から肌を守っています。しかし、強い紫外線などを長時間浴びてしまうと、この肌のバリア機能が低下します。それに伴い、肌が紫外線や乾燥などの外部刺激の影響を受けやすくなることで、シミやニキビなどの肌荒れを引きおこす原因となります。特に紫外線は年中降り注いでいるため、十分な紫外線対策と保湿を徹底するのが良いでしょう。

おでこの肌荒れの改善方法

  • 洗顔はお風呂から上がる直前に行う
  • 乾燥しすぎないよう肌に合ったクレンジングを使う
  • 石鹸をしっかり流す
  • 保湿スキンケアをしっかり行い肌の油分と水分のバランスを保つ
  • 髪はまとめたり前髪をピンで留めたりする
  • 栄養バランスのとれた食生活を心がける

肌荒れをしてしまった場合には、どのような方法で改善していけばよいのでしょうか。ここからは具体的な肌荒れ改善方法についてご紹介していきます。日々の習慣から改善できることもあるため、ぜひ参考にしてみてください。

洗顔やクレンジングの見直し

バスタイムで洗顔を行うタイミングは、お風呂から上がる直前がおすすめです。なぜなら、先に洗顔をしてしまうと、シャンプーやコンディショナーが顔に付着し、しっかり洗い流せなければ毛穴が詰まる原因となるからです。さらに、お風呂から上がる前に肌が乾燥してしまう可能性もあります。

さらに、クレンジングは油分で化粧を浮かせることで落としますが、この際に肌に元々あった必要な油分まで洗い流してしまうことがあります。そのため、クレンジング後にカサつきなどを感じる場合は、界面活性剤の少ないクリームタイプのものを使ってみましょう。

石鹸をしっかり流す

石鹸は毛穴を詰まらせる原因となることを既に述べましたが、石鹸洗顔で特にポイントとなるのは石鹸をしっかりと泡立てることと、髪の生え際までしっかりとすすぐことの2つです。石鹸をしっかりと泡立てないと、摩擦によって肌にダメージを与えるほか、洗い流す際の泡の切れも悪く洗い残してしまうことがあります。また、髪の生え際は洗い残しが発生しやすい箇所なので、十分にすすぐようにしましょう。

スキンケア

肌荒れを改善、予防するためには継続的なスキンケアは欠かせません。特に乾燥は過剰な皮脂分泌の原因になり、肌荒れにつながることがあるため、保湿は非常に重要です。

また、保湿において重要なことは、水分と油分がバランスよく保たれている状態にすることです。たとえ水分だけきちんと保持されていても、油分が足りないのであればそれは適切な保湿とは言えません。そのため、ニキビが気になるからといって油分の多いスキンケアを過剰に避けるのはNG。化粧水、乳液、クリームの3種類を使用し、化粧水による水分の供給、乳液による水分の保持、クリームによる水分の閉じ込めをバランスよく行えると良いでしょう。

髪型

おでこに髪の毛がかかってしまうと肌荒れの原因となるため、普段の髪型にも配慮が必要です。前髪をくくったり、短く切ったり、ピンで止めたりして、極力おでこに髪がつかないように心がけましょう。また、整髪料を使いすぎないこともポイントです。

食生活の見直し

肌と食事は密接に関係しています。例えば、糖質や脂質、香辛料などを多く含む食材を摂取しすぎると、皮脂を過剰に分泌させてしまうことで毛穴詰まりを起こし、肌荒れにつながることがあります。そのため、おでこの肌荒れを改善ためには、食生活の見直しも大切なポイントとなります。

特に、以下のような栄養素をバランスよく摂取するのがおすすめです。

・タンパク質(細胞を作る):肉、魚、卵など

・必須脂肪酸(乾燥防止):肉、魚、ナッツ類など

・食物繊維(腸内環境を整える):穀類、海藻類、芋類など

・ビタミンB群(皮膚、粘膜の健康維持):レバー、赤身の魚、納豆、牛乳など

・ビタミンC(コラーゲン生成):柑橘類、パプリカ、キャベツなど

・ビタミンE(血行促進):アーモンド、アボカドなど

日常生活の見直しとスキンケアで肌荒れのないおでこを目指そう!

おでこの肌荒れには、誤った洗顔やスキンケアによる毛穴の詰まり、髪の毛や雑菌によるダメージなど様々な原因があるため、まずは原因をしっかりと理解し、改善に向けて生活習慣を改めてみていかがでしょうか?

また、おでこはもともと油分が多く分泌される場所なので、保湿を怠っている人も多いのではないでしょうか。しかし、保湿をしないと水分と油分のバランスがとれず、乾燥して肌荒れの原因となってしまう場合があります。そのため、保湿重視のスキンケアを心がけましょう。さらに、内側からのケアも大変重要なので、栄養バランスの取れた食事も意識してみてください。