唇の乾燥を防ぐリップクリームの選び方とケア方法を紹介!やりがちなNG習慣にも注意

唇の乾燥を防ぐリップクリームの選び方とケア方法を紹介!やりがちなNG習慣にも注意

唇は、紫外線やエアコンの影響などで、ガサガサに乾燥したり唇の皮がむけたりと、トラブルが起こりやすいもの。そのままにしておくと、状態が悪化することも少なくありません。

ここでは、唇の乾燥をできるだけおさえるために、リップクリームの選び方や塗り方、日常生活で気をつけたいことをお伝えします。

あなたは大丈夫?唇の乾燥を招くNG習慣

女性にとって唇はいつもうるおっていてきれいでいたいもの。しかし、いつも何気なく繰り返す習慣が、唇の乾燥を招くこともあります。

唇が乾燥しているという方は、まずは下記のようなNG習慣をしていないかチェックしてみましょう。

  • 唇を頻繁になめたりさわったりする。
  • 口がいつも開いていて、口呼吸をしている。
  • リップメイクをきちんと落とせていない。
  • 香辛料や刺激物をよく食べる。
  • ビタミンB群、タンパク質をとらない。

皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンB群とタンパク質は、唇に限らず肌全体にとって欠かせない栄養素です。普段の食事から、意識して摂取しましょう。

唇の乾燥を防ぐリップクリームの選び方

pixta_39387265_1200_800.jpg

唇の乾燥を防ぐためには、数あるリップクリームのなかから自分に合ったものを選ぶことが大切。以下の4つのポイントを参考にしてみてください。

UVカット効果があるものを選ぶ

肌だけではなく、唇もたくさんの紫外線を浴びています。紫外線が気になる季節は、UVカット効果のある商品を選びましょう。

保湿成分入りのものを選ぶ

塗ったその瞬間だけではなく、うるおいが持続するものを選びましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿成分が配合されたものや、唇の乾燥を防いで保護してくれる働きのある、ワセリンなどが配合されたものもおすすめです。

メンソールなど刺激のあるものは避ける

清涼感のあるメンソール入りのリップクリーム。血流への働きかけも期待できますが、その刺激によってトラブルを感じてしまうことがあるので注意が必要。

タール色素入りのリップクリームは避ける

タール色素は石油を合成して作られた人工的な着色料の一種。

色つきのリップクリームには、色素が配合されているため、特に唇が荒れやすい方は赤色◯◯番などと表示されているものは避けるのがベターです。

唇が乾燥しているときは普段よりもデリケートになっています。もし使用したい場合は、唇の状態がよくなってから使用するようにしましょう。

リップクリームの上手な塗り方とは?

pixta_68760766_1200_800.jpg

塗り方をちょっと意識するだけでも、リップクリームの効果は変わります。特に唇が荒れやすい方は塗り方も気をつけてみましょう。

唇の縦ジワに沿ってやさしく塗る

リップクリームはつい横一直線に塗ってしまう方が多いですが、横方向に塗ってしまうと縦ジワまでうまく塗り込むことができません。

そのため、リップクリームを塗るときには、唇の縦ジワに沿ってやさしく塗ることがポイントです。

摩擦を避けるため、塗りすぎに注意する

唇は薄くてデリケート。唇も皮膚と同じように、摩擦を与えるとダメージを受けてしまいます。

不必要な摩擦を避けるためにも、過度な塗り直しは避けましょう。

乾燥がひどい場合はリップパックもおすすめ

上記の塗り方のポイントをしても唇の乾燥がおさまらないときは、リップクリームやリップバームなどを塗り、ラップをのせてお手軽なリップパックをするのもおすすめです。

関連記事