目の下にシワができる原因は何?オススメの予防法や対策は?

気になる目の下のシワ。意外と目につきやすいため、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、目の下にシワができる原因をおさえながら、オススメの予防法や対策についてくわしくお伝えします。

目の下にシワができてしまう原因は?

1_7791847.jpg目の下にできるシワには、大きく分けて次の2種類があります。

1.乾燥が原因の浅いシワ

ひとつは、肌が乾燥することでできる浅いシワ。ちりめんジワと呼ばれるもので、目の下だけでなく目尻にもよく現れます。

もともと目の下の肌は薄くて皮脂腺が少ないため、水分が不足しやすくなっています。保湿ケアをおろそかにすると、乾燥がさらに進んでシワができてしまうのです。

2.コラーゲンの変性が影響する深いシワ

もうひとつは、加齢や紫外線ダメージなどが原因で起こる深いシワ。肌の弾力を支えるコラーゲンが変性することで肌が硬くなり、表情ジワが消えずに残るようになります。

保湿ケアだけではカバーできず、一度できてしまうとなくすのが難しいため、日頃の予防が欠かせません。

目の下のシワ…どう対策する?

乾燥が原因のシワに対しては、やはり保湿ケアが重要です。

鏡を見ずにスキンケアをササッと済ませてしまう人は、とくに注意が必要。目の下まできちんと保湿できていない可能性があります。もともと乾燥しやすい部位なので、アイクリームや美容液を重ねて十分なうるおいを与えましょう。

コラーゲンの変性によるシワへのセルフケアは、予防が中心になります。スキンケアアイテムと同様に、日焼け止めも塗り忘れてしまいがちなので、目の下も忘れずにケアしましょう。

また、肌をゴシゴシこする刺激も避けたいところ。目をかいたり、クレンジング時にチカラを入れすぎたりしないように気をつけたいですね。

さらに、食事からのアプローチも大切です。抗酸化作用を持つビタミンA・C・Eを含む食材を意識してとりましょう。うなぎや赤パプリカ、カボチャなどに多く含まれます。

目の下のシワをメイクでカバーするには?

1_26105543.jpg定着してしまったシワは、メイクで上手にカバーしましょう。オススメは、光の反射を利用するテクニック。目の下から目尻のほうに向けてハイライトを入れることで、シワから視線をそらせます。

ただし、ギラギラしたハイライトは避けたいところ。とくに年齢を重ねた肌には、粒子が細かく上品な輝きを放つパウダータイプのハイライトがよくなじみます。

また、リップにポイントを置いたメイクもオススメです。アイメイクはナチュラルに、赤みのあるリップで視線を口元に持ってくると、目の下のシワが目立ちにくくなるでしょう。

シワの原因に合わせた対策を上手に取り入れて、いきいきとした明るい印象の目元をキープしたいですね。

関連記事