頭皮ケアの基本を見直して、健康的で美しい髪を保とう

健康的で美しい髪を保つためには、髪そのものだけでなく頭皮をケアすることも大切です。そこで今回は、洗髪時に気をつけたいポイントや、頭皮ケアにおすすめのアイテム、避けたい習慣などについてくわしくご紹介します。

頭皮を健やかに保つ髪の洗い方とは?

5-7_17496497.jpg

洗い方によっては、かえって髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも。とくに気をつけたいのが、次の4つのポイントです。

1. 頭皮を軽くマッサージしながら洗う

洗髪時は髪の表面だけを洗って済ませるのではなく、しっかり泡立てたシャンプーを使い、頭皮をやさしくもむようにして洗いましょう。このとき、つめを立てたり、ゴシゴシこすったりして頭皮を傷つけることがないよう注意します。

2. リンスやトリートメントは毛先のみ

リンスやトリートメントは頭皮や髪の生え際を避け、毛先を中心にもみ込むようにしてつけていきます。ただし、スカルプケア用のトリートメントなら頭皮につけてもOK。頭皮のトラブルが気になるときに試してみるといいですね。

3. 自然乾燥ではなくドライヤーで乾かす

洗髪後は、タオルドライで頭皮と髪の水分を吸い取り、ドライヤーを使って乾かしましょう。頭皮や髪がぬれた状態が続くと、髪が傷みやすいだけでなく菌が繁殖しやすくなります。

ダメージを与えないよう、髪から15cm以上離した位置でドライヤーを持ち、手で振りながら熱を分散させることも大切です。

4. 洗髪の頻度は1日に1回まで

頭皮を清潔に保つことは大切ですが、洗いすぎはよくありません。頭皮が乾燥して、かえって余分な皮脂が分泌されることもあるため、髪を洗う回数は多くても1日1回までにおさえましょう。

パドルブラシで頭皮と髪をWケア

頭皮ケア用のアイテムとして最近注目されている、「パドルブラシ」。カヌーのパドルに似ているのが名前の由来です。通常のヘアブラシよりサイズが大きいのも特徴で、そのぶん頭皮にかかる負担を減らせます。

パドルブラシは、頭皮をマッサージするためのアイテムですが、基本的な使い方は通常のヘアブラシと変わりません。頭皮を意識しながらブラッシングして、血行が滞りがちな頭皮にやさしくアプローチすることで、頭皮と髪の健康をWでサポートできます。

商品によって使い心地が違うため、お気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょうか?

頭皮にNGな生活習慣をチェックしよう

5-7_38498524.jpg

もしかすると、いつもの習慣に頭皮のダメージを招く原因が潜んでいるかもしれません。とくに、次のようなことに注意しましょう。

・頭皮の紫外線対策を怠る。

・髪の分け目をずっと変えずにいる。

・シャンプーブラシで頭皮を強く刺激する。

・朝寝坊や寝不足が多い。

・偏った食生活が続いている。

健康な頭皮と美しい髪は、日々の生活のなかで育むもの。自分に合った対策を取り入れて、いつまでもキレイな髪を保ちたいですね。

関連記事