夏メイクはオレンジを味方に!手軽にできる大人の夏顔のつくり方

忙しいとメイクがつい単調になりがちですが、一年中同じ色使いでは味気ないもの。とはいえ、季節ごとにメイクを変えるとなると、手間や費用がネックという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オレンジカラーをプラスするだけで旬な表情を演出する、夏にぴったりのメイクテクニックをご紹介します。

オレンジのアイシャドウで明るい夏顔に

6-2A_26699796.jpg

メイクをするときは、色が持つイメージを上手に生かしたいところ。陽射しや熱気をイメージさせるオレンジカラーは、定番のメイクをグッと夏らしく見せてくれるでしょう。

実は、オレンジは大人の女性にこそオススメしたいカラーのひとつ。オレンジのアイシャドウをまぶたに塗れば、たるみやくすみで疲れた印象になりがちな目元を明るい印象に変えてくれますよ。

<オレンジが映えるアイシャドウの塗り方>

1. 肌なじみのいいオレンジをアイホールに入れる。

2. 目のキワに締め色を入れて、オレンジとの境目をぼかす。

たったの2ステップで、簡単に夏らしい目元が完成します。

オレンジorブロンズのチークなら日焼け後も◎

日焼けしがちな夏は、肌の色が変わりやすい季節。紫外線の影響が強くなると、春に使っていたチークが似合わなくなることもあるでしょう。夏に使うチークは、日焼けした肌にもなじみやすい色を選んでおくと安心です。

なかでも、オレンジやブロンズ系のチークは日焼けした肌との相性がよく、ヘルシーな印象に仕上がります。とくに、パールが配合されたチークはツヤ感も出せるので、大人の女性にオススメです。

オレンジorレッドのリップで口元を華やかに

6-2C_26662024.jpg

オレンジやブロンズ系のメイクに合わせて、口元にもベージュのようなヌーディーカラーを選ぶことも多いかもしれません。クールな雰囲気が好きな人に好まれやすい配色ですが、肌になじみすぎるリップだと顔色が悪く見えてしまいます。

目元や頬でつくったヘルシー感を生かすためにも、同系色のオレンジか、華やかなレッドで躍動感をプラスしてみてください。目元を軽めに仕上げておいたぶん、口元が主役になってバランスが整います。夏のみずみずしさを感じさせるツヤが出るリップがいいですね。

マルチ系コスメで目・頬・口のまとめ塗りもOK

色を使い分けるのはちょっと難しい……そんなときは、ポイントメイクをすべてオレンジで仕上げてしまうのもひとつの手。目・頬・口に使えるマルチ系コスメなら、1アイテムでポイントメイクが完了します。

マルチ系コスメなら簡単に素早くメイクできるだけでなく、顔全体の色味が統一されるので仕上がりもキレイですよ。

夏のメイクは涼しげな雰囲気も素敵ですが、ヘルシー感のあるカラーを使えば汗すらも魅力的に見えるもの。さまざまなシーンで使いやすいメイクなので、夏の定番にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事