肌のくすみはなぜ起こる?明るい夏肌を保つスキンケア&メイク術

暗く見えがちな夏の肌。日焼けの影響もありますが、もしかするとくすみが原因となっているかもしれません。きちんと対策して明るい印象を保ちつつ、くすみが気になる日はメイクで上手にカバーしたいところ。

そこで今回は、クリアな夏肌をキープするためにおさえておきたい、スキンケアメイクのポイントについてお伝えします。

夏のどんより顔は紫外線が原因?

6-4A_22012991.jpg

一年のなかでもとりわけ夏に表情がくもって見える人は、紫外線による影響が考えられるでしょう。

紫外線をたくさん浴びると、肌を守ろうとメラニンが過剰につくられます。その結果、ターンオーバーでメラニンを排出しきれず、残ったメラニンが肌を黒っぽく見せてしまうのです。

日焼け対策を入念に

大人の肌はターンオーバーの周期が遅くなりやすいので、メラニンによるくすみも気になりがち。くすみを防ぐためには、まずは肌を焼かないことが大切です。

日傘や帽子だけでは、地面からの照り返しによるダメージを避けられません。紫外線をできるだけブロックできるよう、次のようなポイントにも注意しましょう。

・ シミができやすい部位には、日焼け止めを重ね塗りする。

・ メイク直しの際に、日焼け止めも忘れずに塗り直す。

・ 塗り直しが難しいときは、UVカット対応のパウダーを重ねておく。

肌の乾燥がくすみを招くことも

汗や湿度で自覚しにくいかもしれませんが、夏の肌は意外と乾燥しやすい状態になっています。エアコンや汗など、肌を取り巻く環境はとってもシビア。夏特有の刺激から肌を守りましょう。

保湿や汗のケアをしっかりと

朝晩のスキンケアでは、十分な保湿ケアをおこないます。大人の肌は保湿成分が減少しやすいため、夏でも乳液やクリームが必要です。

また、汗をそのままにしておくと、乾いたときに肌の水分も一緒に蒸発しやすいので、汗が出たらこまめにふくことも大切。メイクがくずれないように、ティッシュでそっとおさえてくださいね。

ポイントメイクで血色感と明るさをプラス

6-4C_33947197.jpg

くすみで肌がどんよりして見えるときは、メイクで明るさをプラスしましょう。ファンデーション前のひと手間とチークの色を工夫するだけで、血色のいい表情に仕上がります。

目のまわりにピンクのコントロールカラーを仕込む

目元のくすみが目立つと、疲れて見えてしまいがち。目のまわりにピンクのコントロールカラーで血色感を与えるだけで、明るい印象になりますよ。パール配合のものを選ぶとツヤが出て、よりヘルシーなイメージになるでしょう。

華やかチークで自然な血色感を

ベージュのような肌にすっと溶け込むカラーだと、くすんだ肌になじみすぎてしまうことも。コーラルやローズ系のチークでほんのりと頬を染めて、華やかな印象に仕上げましょう。

夏のくすみを防ぐためには、紫外線と乾燥から肌を守ることが大切です。困ったときはメイクのチカラも借りて、上手に乗り切りたいですね。

関連記事