お得なキャンペーン

お得なキャンペーン

原液美容液

通常の化粧品では数%配合する成分を、抽出エキスのまま詰めた原液100%の美容液です。
余計なものは一切含まれないためサラサラとした感触で、
あっという間に肌に浸透し、高い実感が得られます。

通常の化粧品では数%しか配合されない成分を、抽出エキス100%で詰めた美容液。
高い品質に自信!

原液美容液を重ねづけするときの順序 原液美容液を重ねづけするときの順序

※透明感:透明感のある素肌とは潤ってキメの整った肌のことです。※ワンランク上:フラコラ原液シリーズ内において ※最上級:フラコラ原液シリーズ内において ※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ ※マルチ:フラコラ原液シリーズ内において ※速攻実感:フラコラ原液シリーズ内において


原液美容液 Q&A

Serum Q&A

Q1. 原液美容液って何?
原液美容液は、通常の化粧品では数%配合する成分を、抽出エキスのまま詰めた原液100%の美容液です。一般的な美容液に比べて成分重視で選べる、目的の成分の配合比率が高いといったメリットがあります。
Q2. 原液美容液にはどんな効果があるの?
フラコラの原液美容液は、純度100%原液です。商品(成分)ごとに、透明感、リフトケア、エイジングケア、保湿など、期待できる効果が異なります。目的によってお選びください。
Q3. フラコラにはどんな原液美容液があるの?
2019年10月現在、フラコラには10種類の原液美容液があります。プラセンタエキス、プロテオグリカン原液といった話題の成分から、ツバメの巣エキス、キャビアコラーゲンなどの珍しい成分まで幅広く取り扱っています。目元・口元のピンポイントケアができる原液美容液もあります。
Q4. 原液美容液はどうやって使うの?
原液美容液は洗顔後すぐに、適量(1回分使用目安5円玉大:スポイト線まで)を手のひらに取り出し、パッティングしながらお顔全体に馴染ませてください。普段のスキンケアにプラスする場合は、原液美容液の後に化粧水やクリームを使います。また、フラコラの原液美容液を重ね付けして使うこともできます。当サイトで推奨している順序を参考にしてください。
Q5. 原液美容液の全成分は?
フラコラの原液美容液には、純度100%の原液を使用しています。ただし、水、BG、フェノキシタノールといった美容液の基本的な成分も配合されています。

原液美容液 マメ知識

Serum Knowledge

原液美容液とは

最近スキンケアで注目が高まっている「原液美容液」。プラセンタ原液、ヒアルロン酸原液などさまざまな原液美容液がありますが、これらは名前の通り「美容成分の原液」が配合されている美容液のことを言います。

❖ 一般的な美容液との違い

通常の美容液で「プラセンタ配合」「ヒアルロン酸配合」と謳っていても、その配合比率はわずか数%程度。場合によっては0.1%にも満たないこともあるのです。
一方で原液美容液は、美容成分の原液が高濃度で配合されています。
また、メインの配合成分が1つに絞られるため、成分や目的で選んだり、ピンポイントで使ったりしやすいといったメリットもあります。

原液美容液のメリット

❖ 成分・目的重視で選べる

前述したように、原液美容液は基本的にメインの成分は1種類です。そのため、自分が使いたい成分や使う目的をピンポイントで絞って選ぶことができます。

❖ 美容成分の配合比率が高い

「原液」というのは、美容成分を水などに溶かした溶剤のことを言います。通常の美容液は、原液をさらに薄めたり、他の成分や保存料などを加えたりするため、美容成分そのものの配合比率は1%未満であることもあります。
しかし原液美容液は、原液に相乗効果が期待できる他の美容成分や、抗菌・防腐剤などの必要最低限の成分が加えられるだけなので、美容成分の配合比率が高いと言えます。

❖ 毎日のスキンケアに簡単にプラスできる

原液美容液というと「スペシャルケア」「毎日のスキンケアに使えない」というイメージがあるかもしれません。しかし、基本は今使っている化粧水や美容液などのスキンケアにプラスするだけなので、手軽に取り入れることができます。

原液美容液に期待できる効果

原液美容液は、それぞれの成分で期待できる効果が異なります。そのため、自分の悩みや目的に合わせて選ぶことが大切。
後半で代表的な原液美容液の成分を紹介するので、参考にしてください。

原液美容液の使い方

ここからは原液美容液の使い方を詳しく紹介します。

❖ 基本の使い方

洗顔後に使う・適量を使う

大事なのは適量を守ること。原液美容液の容器はスポイトになっていることが多いので、使用量を調節しやすいです。だいたい5円玉大(0.5ml)が適量です。

手のひらで温めてから使う

原液美容液を手に取ったら、手のひらで温めてから肌につけましょう。温めて体温と同じ温度にすることで、毛穴を引き締めることなく肌に浸透させることができます。

❖ 化粧水や美容液に混ぜて使う

原液美容液は、ものによっては成分のニオイが気になることもあります。そんな時は、今使っている化粧水や美容液に混ぜて使うと、ニオイが軽減されて使いやすくなります。

❖ スペシャルケアとして使う

美容成分がたっぷり入った原液美容液だから、ポイントケアとして使うのもいいでしょう。目元や口元などの気になる部分に重ね付けするなど、重点的なスペシャルケアに使ってみてください。

❖ 複数の原液美容液を組み合わせて使う

さらに贅沢に使うなら、原液美容液を複数種類組み合わせるのもアリ。メーカーによっては推奨する順番がある場合があるので注意しましょう。そのため、組み合わせる場合は同じメーカー・ブランドのものを選ぶと使いやすいです。

原液美容液の注意点

❖ 全成分が原液というわけではない

「100%原液美容液」などと謳われていることも多いですが、原液美容液には、美容成分だけが100%配合されているわけではありません。
美容液の状態にしたり、保存性を高めたりするために、水やBG、防腐剤などが含まれています。

❖ アイテムで1成分しか取り入れられない

原液美容液は成分が1つに絞られているからこそ、高い配合比率が実現できているわけですが、逆に言えば1アイテムで1成分しか取り入れることができません。
そのため、保湿も美白も肌荒れ対策も同時にしたいといった場合には、原液美容液以外のスキンケアで補うか、原液美容液を複数種類使う必要があります。

原液美容液の選び方

原液美容液はメイン成分によって期待できる効果が異なるので、目的に合わせて選ぶ必要があります。ここでは、原液美容液の定番成分と期待できる効果を解説します。

❖ エイジング全般のお悩みに!定番の「プラセンタ」

どのブランドの原液美容液にも、必ずと言っていいほどラインナップされている定番成分「プラセンタ」。
アミノ酸、ビタミン、たんぱく質など、美肌のために必要な成分の宝庫。透明感、保湿、乾燥による小ジワなどにアプローチします。

❖ ハリ・弾力不足を感じたら「コラーゲン」

ハリや弾力がなくなってきたと感じたら、コラーゲンを補給しましょう。ハリ、弾力以外にも透明感、みずみずしさを取り戻して、ふっくらしたお肌を目指しましょう。

❖ 乾燥には「ヒアルロン酸」

人間の肌にも存在する保湿成分ですが、年とともに減少すると、乾燥、ハリ低下などのトラブルが起きやすくなります。
ヒアルロン酸には水分保持力があるので、原液美容液を使用することでそれらの悩みをサポートしてくれるでしょう。

❖ ハリ・透明感がないときは「ビタミンC」

メラニン色素を薄くする、ターンオーバーを正常化するなど、くすみのない透明感のあるお肌に導きます。
さらに、肌のハリもサポートしてくれる嬉しい成分です。

商品カテゴリから探す

CATEGORY

ページトップへ戻る