オンラインイベント
公開日:2021.02.19
フェイスブック ツイッター ライン
 

保湿だけじゃない!?「プロテオグリカン」に期待される美容メリット

コラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分が定着するなかで、最近特に注目されているのが「プロテオグリカン」の働き。肌の保湿に限らず、美容面でのメリットが期待されています。プロテオグリカンについて理解を深め、上手に取り入れてみましょう。

プロテオグリカンって、何?

プロテオグリカンは、もともと私たちの体内に存在する成分。コラーゲンやヒアルロン酸とともに、肌や軟骨にある細胞外マトリックス(細胞外基質)を形成しています。肌のハリを保ち、軟骨のクッション性を維持するためには水分が必要ですが、こうした水分の保持をサポートしているのがプロテオグリカンです。

プロテオグリカンがもつ最大の特徴は、なんといっても保水力にあります。その力は、保湿成分としてよく知られるヒアルロン酸を上回るといわれるほど。弾力性にも優れており、肌のハリを保つうえで大切な存在であることもわかっています。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポート

保湿や健康な肌づくりに役立つ成分といえば、コラーゲンとヒアルロン酸がよく知られています。どちらも美容に欠かせませんが、プロテオグリカンにはそれらの生成を助ける働きがあるといわれています。

肌にみずみずしさを与えるコラーゲンやヒアルロン酸も、本来は体内でつくられるもの。ただし、年齢とともに生成される量は減少してしまい、それに伴って肌の水分量も減っていきます。そこで注目されるのが、プロテオグリカンの働き。プロテオグリカンそのものに保湿力があるうえ、コラーゲンとヒアルロン酸の生成をサポートすることで、肌の水分保持に対するWの働きかけが期待されるのです。

肌のターンオーバーにアプローチ

加齢とともに衰えていくのは、保湿成分の生成量だけではありません。肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)も、年齢とともに長くなってしまいます。20代だと大体28日周期だったサイクルは、40代を超えると倍の時間がかかるようになってしまうのだとか。いつまでも健やかな肌を保つためには、このサイクルをいかにスムーズにしていくかがポイントになります。

プロテオグリカンには、こうした肌のターンオーバーへの働きかけも期待されています。また、加齢のほか、乾燥もターンオーバーの遅れを招く一因となりますので、プロテオグリカンの保水力はここでも大切な役割を担うのです。

プロテオグリカンの上手な取り入れ方

実は、プロテオグリカンの発見はそれほど新しいものではありません。早くから知られていたものの、実用化が難しかったことから、一般に広まることはありませんでした。一時はとても高価なもので、1g3000万円もしたのだとか。そんなプロテオグリカンも、さまざまな研究の成果によって、今ではずいぶん身近な存在になりました。

プロテオグリカンを取り入れるのなら、純度が高いものを選ぶのがポイントです。特におすすめなのが、原液タイプの美容液。プロテオグリカンの美容メリットを生かすために、洗顔後の清潔な肌に一番にのせ、その後はいつもの化粧水や乳液でケアして、うるおいをしっかり肌に閉じ込めましょう。

ますます期待が高まる実力派の成分

美容面での働きが期待されるプロテオグリカン。今後さらに活躍の場を広げるべく、美容だけでなく健康維持の観点からも日々研究が進められています。プロテオグリカンを日々のスキンケアに上手に取り入れて、うるおいとハリのある肌をキープしましょう!

関連記事
新着記事