オンラインイベント
公開日:2021.02.21
フェイスブック ツイッター ライン
 

エイジングケアは何歳から?40代から始めたい原液美容液について

40代に突入すると、肌のお悩みは増えてくるもの。今までのケアではちょっと物足りない……かといって、使っている化粧品をすべて変えると、何がよくて何が合わないのかわからなくなりますよね。

肌の状態がよくないと感じたら、まずはいつものケアにプラスするかたちで、足りないものを補っていきましょう。

今回は、エイジングケアの必要性をふまえながら、年齢肌が気になるときにおすすめの原液美容液についてご紹介します。

40代、エイジングケアにもそろそろ本腰を

エイジングケアは何歳から始めるべきかわからず、特に何もしないという人も多いのでは?

一般的に、肌の曲がり角は25歳くらいといわれますが、20~30代のうちはそんなに大きな変化は感じないかもしれません。

しかし、感じないだけで老化は確実に進んでいます。大きく変わるのは、ターンオーバーの周期とコラーゲンの量。それぞれがもたらす現象を詳しくみてみましょう。

ターンオーバーの遅れが肌トラブルの原因に

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのこと。年齢を重ねるごとに、その周期が遅くなっていくといわれています。

一般的な目安として、20代では大体28日周期で生まれ変わっていた肌が、30代では約40日、40代では55日程度になるのだとか。

つまり、20代と40代ではおよそ2倍に。周期が遅くなることで、角質層が厚くなり、毛穴も詰まりやすくなります。メラニン色素も肌にとどまりやすくなり、シミの原因となることも。

コラーゲンの減少がたるみやシワを引き起こす

コラーゲンは肌の主要成分で、水分を除いた真皮の約70%を占めています。肌の弾力をサポートしますが、加齢や紫外線の影響でコラーゲン量が減少すると、肌のハリが低下し、たるみやシワが発生するのです。

そんな変化を特に感じやすいのが40代。仕方がないと諦めずに、年齢に合わせたスキンケアを実践してみましょう。

化粧品の配合成分は「濃度」が重要

エイジングケアでは、失われていく成分や栄養を補うのが基本。高価な化粧品ほど良質な成分が使用されていそうですが、見た目だけで選ぶと、期待した使用感が得られずガッカリする結果になることも。

どんな成分が配合されているのかも重要ですが、同時にチェックしたいのが成分濃度です。

実は、原液をたった1滴入れるだけでも、その成分を表示できるとのこと。

自分に合った成分濃度が十分入っているかを重視して、見た目の印象や表示に惑わされずに、よいものを選ぶ目を養うことも40代のスキンケアには欠かせないポイントといえるでしょう。

原液美容液の選び方のポイント

濃度を重視するならば、原液美容液を取り入れるのもひとつの手です。美容液なので、普段のケアにプラスするだけ。

とはいえ、その種類はさまざまで、どれにすればよいか迷うかもしれませんね。

そこで、選ぶ際の目安として、お悩みに合わせたおすすめの成分をご紹介します。

ハリや潤いにはセラミドやヒアルロン酸、プラセンタを

角質層で細胞の間を埋め、細胞同士を結びつける「セラミド」は、水分を挟み込んでキープします。

また、コラーゲンとともに真皮に存在する保湿成分「ヒアルロン酸」も、加齢によって失われていくので補いたいところ。

「プラセンタ」は、動物の胎盤から抽出された成分で、ハリがなくなってきたと感じたときにおすすめです。乾燥がひどくなってきた、肌に弾力がないという方は、これらの成分を試してみるとよいでしょう。

紫外線の影響を和らげたいときにはビタミンC誘導体を

コラーゲンの減少やメラニン色素の生成を促す紫外線は、まさに女性の大敵。

その影響を和らげたいときには、「ビタミンC誘導体」がよいでしょう。ビタミンC誘導体は、壊れやすい性質をもつビタミンCを取り入れやすくしたもの。シワやたるみ、シミなどの老化サインが気になる人におすすめです。

原液美容液で年齢に負けない肌へ

原液美容液は、肌が求める成分を手軽にチャージできる優れものです。

お悩みや理想に合わせた成分の原液美容液を選び、いつものケアにプラスしてみてはいかが? 年齢に負けず、いきいきとした肌を目指しましょう!

関連記事
新着記事