オンラインイベント
公開日:2021.08.02
フェイスブック ツイッター ライン
 

骨盤矯正におすすめ!下腹にも効果的なヒップウォークのやり方

「下腹ぽっこりが気になる」「腰痛がつらい……」など、年齢を重ねるたびに気になる腰回りの悩み。

運動やストレッチをしてもなかなか改善されない場合は、骨盤のゆがみが起こっているせいかもしれません。

そこで今回は、元オリンピック選手の柳澤哲先生に「骨盤矯正ヒップウォーク」のやり方を教えていただきました。

この記事でわかること

骨盤矯正ができるヒップウォークのやり方
骨盤矯正ヒップウォークを行うときのポイント
骨盤矯正ヒップウォークを行うメリット

骨盤矯正ヒップウォークのやり方

足を伸ばして座るスペースがあれば、いつでも簡単にできるエクササイズです。ヨガマットを持っている人は、ヨガマットの上に座って行いましょう。

元オリンピック選手・柳澤哲さんに教えていただきます

シドニー五輪代表
元東京大学生涯スポーツ健康科学研究センター技術補佐員

柳澤 哲

両ひざを軽く曲げて座る


足を前に伸ばして座り、ひざを軽く曲げます。両手は胸の前でクロスし、軽く添えておきましょう。

お尻で前に進む


かかとの位置を固定したまま、お尻を左右交互に動かして前に進みます。ひざが曲がって進めなくなったら、手を身体の後ろについて元の位置に戻ってください。

進む→戻るを1回とし、5回を目安に繰り返し行いましょう。

骨盤矯正ヒップウォークを行うときのポイント

骨盤の位置を意識し、しっかり腰をひねりながら前進することでゆがみが整います。お腹周りの筋肉も意識して、下腹部も一緒に引き締めましょう。

骨盤を前後にしっかり動かす

坐骨の一番出っ張っている部分をかかとに近づけるイメージで、骨盤を前後にしっかり動かしながら進んでいくことがポイントです。

骨盤を片方ずつ持ち上げ、腰をひねりながら前に進みましょう。

下腹も意識しながら行う

ヒップウォークは、骨盤を整えると同時に下腹も凹ませてくれるエクササイズです。骨盤を前後に動かすときは、下腹の筋肉を意識しながら行ってみてください。

動かしている筋肉を意識することで、脳からの刺激が高まって筋肉の活動量が上がります。腰骨盤と一緒に腰もひねり、ウエストもしっかり引き締めましょう。

骨盤矯正ヒップウォークで下腹もすっきり!

骨盤矯正エクササイズを行うことで、ゆがみが整って下腹がすっきりします。腰痛改善の効果も期待できるので、デスクワークや立ち仕事の人にもおすすめです。

今回紹介したヒップウォークは、足を伸ばして座るスペースがあればいつでも簡単に行えます。今日から習慣化して、ゆがみのない理想的な身体を目指しましょう。

この記事でわかったこと

かかとを固定した状態でお尻歩きをするエクササイズ
骨盤を前後にしっかり動かしながら行うことがポイント
骨盤のゆがみを整えるだけでなく下腹すっきり効果も期待できる

この記事を動画で見たい方はこちら

この記事の監修者

柳澤 哲

シドニー五輪代表
元東京大学生涯スポーツ健康科学研究センター技術補佐員

記事を見る→

関連記事
新着記事