オンラインイベント
公開日:2021.11.10
フェイスブック ツイッター ライン
 

40代なら知っておきたい!更年期の始まりってどんな感じ?

「更年期はいつから始まる?」「更年期の症状かも?」など、更年期に対する不安が高まっているのではないでしょうか。

親や先輩の症状を見て、更年期が怖くなってしまった人もいるかもしれません。急なほてりや発汗、気分の落ち込みやイライラなど……更年期の不調は、とても大変なイメージがありますよね。

そこで今回は、更年期トータルケアインストラクターの永田京子先生に「更年期が始まるタイミング」「更年期と疑うべき症状」について教えていただきました。更年期について正しい知識をつけ、心にゆとりを持った状態で更年期を迎えましょう。

この記事でわかること

更年期が始まるタイミング
更年期を疑うべき症状
更年期で病院に行くべきかどうかの目安

更年期が始まるタイミング

女性は40代を過ぎると、少しずつ更年期の症状が現れ始めます。では、どのようなタイミングで「もしかして更年期かも?」と気付けばよいのでしょうか。

更年期の平均年齢は45〜55歳

更年期とは、閉経の前後10年間のことをいいます。

日本人の平均的な閉経年齢は50.5歳なので、更年期はおおよそ45〜55歳の時期を指します。

ただし、更年期や閉経の年齢は個人差があります。人によっては30代後半から更年期の症状が起こることもあり、一概に「いつから」「何歳から」とは断定できないのです。

40歳を目安に更年期を意識しよう

更年期の症状を感じ始めるのは人それぞれですが、40歳を目安に更年期を意識して生活するといいでしょう。

女性ホルモンの分泌量は、40歳を過ぎる頃から徐々に低下します。そのため40歳になったら更年期があることを視野に入れ、前もって心の準備をしておくことが大切です。

更年期の不調が起こる仕組み

更年期になると、どうして心や身体がつらくなってしまうのでしょうか。

女性ホルモンの急激な低下

更年期に不調が現れるのは、卵巣機能の低下による女性ホルモンの減少が主な原因です。

女性は40歳頃になると、女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」の分泌が減少します。すると身体のホルモンバランスが乱れ、身体的・精神的な不調を引き起こしてしまうのです。

女性ホルモン低下による脳の混乱

脳の視床下部という部分は、女性ホルモンを分泌するように司令を出しています。

しかし更年期世代の女性は卵巣機能が低下しているため、司令を出しても女性ホルモンが分泌されません。すると脳がパニックを起こし、女性ホルモンを分泌させるために司令を多く出してしまうのです。

更年期の初期に生理周期が短くなりやすいのは、これらの指令により卵巣が過剰に刺激されて排卵が早く起きたり、女性ホルモンの低下から黄体期が短くなるためと考えられます。

また、脳の視床下部は私達の「自律神経」を司っています。脳のパニックによって「自律神経」も同時に乱れてしまうため、自律神経に関連する不調も起こりやすくなるのが特徴です。

更年期を疑うべき症状

更年期による症状の数は、なんと200〜300種類もあるといわれています。どのような不調が起こるかは個人差がありますが、ここでは代表的な症状をチェックしておきましょう。

月経周期の乱れ

更年期の始まりとして分かりやすいのが、月経周期の乱れです。

個人差はありますが、閉経が近づいてくると月経周期がいつもより少し短くなります。24〜26日で生理がくるようになったら、更年期の初期症状を疑いましょう。

自律神経の乱れからくる症状

自律神経の乱れからくる症状も、更年期のサインです。

  • 体温調節がうまくいかない
  • 眠りたいのに眠れない
  • 寝不足じゃないのに眠ってしまう
  • 日中なのにやる気が出ない
  • 動悸や息切れ
  • 血圧の上下
  • 頭痛やめまい

上記の他にも自律神経失調症と同じような症状が現れたら、更年期からくる不調の可能性があります。

心が不安定になりやすい

ホルモンバランスや自律神経の乱れにより、心のバランスも崩れやすくなります。

気分が落ち込んだりイライラしたり、感情のコントロールが難しくなるのも更年期の特徴です。

肩こりや腰痛

肩こり・腰痛や手足の痛みも、更年期に現れる場合があります。

なぜなら、自律神経の乱れによって血液循環が悪くなり、乳酸などの老廃物が溜まってしまうからです。また、加齢による筋肉の衰えも、血行不良や痛みに影響することが考えられます。

肌の乾燥

女性ホルモン「エストロゲン」が減少すると、肌のコラーゲン低下に繋がります。

コラーゲンは肌の水分を保ち、しなやかさを保つ役割を果たしています。コラーゲンが減少することで乾燥し、しわ・たるみができやすくなってしまうのです。

このことから、更年期からは肌の乾燥やしわ・たるみも目立ちやすくなります。

病院にいくべき?簡略更年期指数でチェック

更年期の症状がつらい場合は、病院へ行って治療するのがおすすめです。病院へ行くべきか迷ったときは、チェックシートで自己診断してみましょう。

簡略更年期指数をチェック

更年期で病院へ行くべきか迷ったら、「簡略更年期指数」というチェックシートを活用しましょう。

「簡略更年期指数」とは、更年期症状を自己チェックするシートです。10項目に分かれていて、症状の体感値として「強・中・弱・無」の4段階で評価をしながら評価していきます。

合計得点が50点以上のときは、病院を受診する目安にしてください。50点以下の場合でも、つらいと感じたら病院へ行くことをおすすめします。

出典:小山嵩夫更年期・閉経外来-更年期から老年期の婦人の健康管理について-,日本医師会雑誌109:259-264,1993

更年期の症状は婦人科へ

更年期の症状で受診する科は婦人科です。また、40歳を過ぎていて「なんだかよく分からない不調が続く」という場合も婦人科で診ていただくことができます。

婦人科ではその不調が更年期症状によるものか、もしくは他の病気によるものかを診ます。更年期による症状だと分かった場合は、それに合った治療を行うことで不調の改善が期待できます。

「内診台が嫌」「時間がない」など、婦人科を受診することに抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、更年期症状だと思っていたら、他の大きな病気が隠れている可能性もあるので、迷ったら病院へ行きましょう。

40歳になったら更年期を意識して生活しよう

女性は40歳を過ぎると卵巣機能の低下が始まり、女性ホルモンの分泌が減少します。

更年期が始まるタイミングには個人差がありますが、40歳になったら更年期を意識してみてください。心の準備をしておくことで、更年期の症状が辛いとき、心や身体に不調が起こったときも「不調が出やすい時期だから自分の心と体を大切にしよう」とゆとりを持てるはず。

我慢しすぎず、必要な場合は、医療に頼る方法もあります。心と体と向き合って、少しでも快適な更年期をお過ごしくださいね。

この記事でわかったこと

更年期の開始は個人差があるが、40歳になったら意識しておくといい
月経周期の短縮や心身の変化があるときは更年期を疑うべき
病院に行くべきか迷ったら「簡略更年期指数」でチェックするのがおすすめ

この記事の監修者

永田 京子先生

・NPO法人ちぇぶら代表理事
・更年期トータルケアインストラクター

記事を見る→

関連記事
新着記事