オンラインイベント

内臓が衰えてきた…と感じるあなたに取り入れてほしい陰ヨガについて解説

フェイスブック ツイッター ライン
 

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

       

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

「最近内臓が衰えてきた感じがする」「すぐに胃もたれを起こしてしまう…」など、“内臓機能の衰え”を感じていませんか?

年齢を重ねると体型の変化などにより、内臓が縮小し、それに伴い内臓の働き自体も衰えてしまいます。

今回の記事では、そんな年齢に伴う内臓機能の衰えを感じる人にぜひ取り入れてみてほしい「陰ヨガ」のメリットについて、マインドフル・ライフコーチでマインドフルネス陰ヨガ講師の葉月ようか先生に伺いました。

この記事でわかること

陰ヨガとは?
陰ヨガではどんな動きを取り入れるのか
陰ヨガを取り入れるメリットとは

陰ヨガとは中医学をベースとしたヨガ

皆さんがよく耳にする「ヨガ」は4000年ほど前にインドで発祥した伝統的な行法ですが、「陰ヨガ」は中医学をベースにしていて比較的新しいスタイルのヨガ。

この陰ヨガは、体内の気の通り道である・経絡(けいらく)や五臓六腑に働きかけます。

筋肉はおやすみさせて、ゆったりとした動きを取り入れる

通常ヨガでは体幹やインナーマッスルを鍛える動きを取り入れます。しかし、陰ヨガでは筋肉を鍛えることはおやすみして、関節や関節周りの結合組織、筋膜などの可動域を広げる動きを取り入れます。

そのため、ひとつのポーズをキープするのに3〜5分ほどかけます。

一般的なヨガよりも長い時間動きをキープし、呼吸や自分の中で何が起こっているのか、自分の内側に意識を向けていくのです。

つらい更年期症状は内臓機能の衰えが関係している?

女性は年齢を重ねるとホルモンバランスの乱れにより、さまざまな不調が現れることがあります。

このような女性特有の悩みを抱える人にも、陰ヨガを取り入れてみてほしいと葉月先生は言います。

更年期症状は内臓機能の衰えが関係しています。
東洋医学では「先天(せんてん)の気」という、生まれた段階でその人が持っているエネルギーの考えがあります。しかし、このエネルギーは加齢やストレスなどさまざまな原因でどんどんすり減ってしまうのです。
さらに、この先天の気のエネルギーは「腎(じん)」に蓄えられているため、腎の働きを促してあげることが大切です。

可動域の変化、腰痛や冷え・むくみの改善などの声も

陰ヨガはゆっくりとした動きなので、体の変化を感じられるのか?と疑問に思う人もいるかもしれません。

しかしゆっくりとした動きでもしっかりと関節や関節周り、筋膜にアプローチしていくため、継続して取り入れると可動域や体の変化を感じる人も。また、女性に多い冷えやむくみなどの悩みを持っている人にもおすすめだと言えます。

陰ヨガを取り入れて五臓六腑にアプローチ

「年々内臓が元気になくなったきたな…」と感じている人にぜひ取り入れてみてほしい陰ヨガ。

あまり聞き慣れない名前なので、それって何?と思うかもしれませんが古くから東洋医学・中医学の考えに基づくヨガとなっています。

また一般的なヨガよりもゆっくりとした動きのため、「激しい動きはつらい」と感じる人にも取り入れやすいヨガです。下記の記事で初めての人でも試しやすいポーズを紹介しているので、ぜひトライしてみてくださいね。

この記事でわかったこと

陰ヨガは中医学をベースにした比較的新しいヨガで五臓六腑に働きかける
陰ヨガはひとつの動きを3〜5分キープするようなゆっくりとした動きがメイン
更年期症状や内臓機能の衰えがが気になる人に取り入れてほしい

最終更新日:2021.07.26

2024年こそ健康な身体をキープしたい、そうお考えのあなたへ

バランスの取れた食生活や適度な運動、質の良い睡眠は、健康な身体や肌を保つために非常に重要です。

しかしながら、忙しい日々の中でどれも完璧にこなすことは難しいはず。そんな時に、考えたいのが、サプリメントで不足している栄養を補うことです。

2024年は健康な身体をキープしたい、そうお考えの方はぜひこの機会に検討してみましょう。

この記事の監修者

葉月 ようか

・マインドフルライフコーチ

記事を見る→

関連記事
新着記事